西表島在住の友人杉田氏が初参戦。彼の地元から友達夫妻が訪ねてくるとのことで遊びにいらしてくれました。
海のKF一日参戦のご予約だったのが、急遽前日になって奥様が妊婦であることが判明!
なので大事をとって静かなマングローブで半日参戦に変更となりました。

ただでさえ慣れない釣りなのに難しいマングローブ。釣果は厳しいだろうと予測してましたが案の定。。。
釣り大好きの杉田君だけがいい思いをしてお帰りになられました。笑


石垣島を代表するマルチアングラーriseさんから、カヤックで未踏の
淡水域へ侵入したいと異例のリクエストを頂き出撃してきました。

ミッションはriseさんが以前から狙っていた水域でオオクチユゴイを
ぼこぼこ釣り、そして40cmUPを数本キャッチして大笑いすること。

しかし現実は甘くなかった。。。
低活性なのか不在なのか、大型どころかバイト数さえ少ない状況。
納得サイズ35cmのオオクチユゴイはキャッチしたものの、riseさんの
思惑とは大違いの結果に。私にとっては初めてのタメトモハゼも見れたし
淡水域の可能性も見出せたので大変勉強になりました。
riseさん、また日を改めて検証しに行きましょう!

2014 3/29 カヤックフィッシング

釣りはまったく初体験という有坂様姉弟お二人が参戦してくれました。

最高の天気に恵まれ、海の透明度も抜群。
こんな日は浮いてるだけで十分楽しいカヤックフィッシング。

半日コースの短い時間でしたが、キャスティングにも慣れてきた頃に
ぽつぽつと反応が。何度か根に潜られブレイクしたのもありましたが、
一人とも2匹をキャッチ。とても仲の良いお姉さんと弟さん。
釣果も仲の良いものとなりました。

2014 3/28 カヤックフィッシング

宮城県から総勢5名様で参戦してくれました高橋様一家。

スタートして間もなく集中豪雨に見舞われ全員ずぶ濡れになりながらも、次第に雲は流れ
雨上がりのキレイな青空の下、みなさんそれぞれ魚をキャッチしてくれたようでした。

みんな散り散りだったので写真が少なくてスイマセン!中にはドラグが唸るほどの
良型がヒットするもののブチ切られるなどの洗礼も何度か受けたとか。笑

高橋様、またお会いできる日を楽しみにしております。

2014 3/27 カヤックフィッシング

釣りは久しぶりという松本様。せっかく石垣島まで足を伸ばすのだからと
カヤックフィッシングに参戦してくれました。

聞けばルアーでは魚が釣れた試しがないとの事でしたが、スタートして
一本釣れるまでに時間はかかりませんでした。石垣マジックです。笑

ルアーで魚が釣れるという現実を目の当たりにした松本様。
その後はルアーに絶対的信頼を持ちキャスティングも上達すると、
石垣島の魚達も松本様を歓迎してくれたのでした。

松本様、またお待ちしております。ありがとうございました!

                               ヒットルアー 邪道ゴッツアンミノー、アーダ


ここは15年以上前に私自身ガイドしていた河川なので、行けばいろいろポイントも思い出すだろうと思っていましたが、
行ってみても全然記憶が蘇らず…笑。 こんな広い川だったっけ?と驚きと新鮮な気分でパドリング。

魚が付くポイントはどこでも同じようなもので、怪しい箇所を叩いてもらうと小ぶりなマングローブジャックが歓迎してくれました。
三日目にしてようやくの一本。長かった。 先生の西表での一番のターゲットはナンヨウチヌ。
石垣ではチヌの魚影が薄いので西表まで遠征しているのですが、この日はなかなか発見できず。
サイトで確認できたのは2匹くらいでした。その代わりジャックのバイトは多く、かなり楽しませてくれました。

最後のポイントではニセクロホシの入れ喰いに、40クラスのマングローブジャックを見事キャッチ!
最終日にして、満面の笑顔を頂けました。佐藤先生、三日間お疲れ様でした。

次回は来年になりそうとのことですが、それまでに更なる開拓に励みたいと思います。

私のフライフィッシングの師匠、佐藤先生が今年も北海道からお越しくださいました。いつもありがとうございます!

今回も3日間の釣行で、初日は北風爆風の悪条件。気温も一気に下がり数日前まで25℃前後だったのが15〜17℃に。
さすがに水温も低下気味で魚も低活性どころか生命感さえまったく感じられない厳しい展開。
二日目には晴れて気温は少し上がったものの水温までは上がらず初日同様生命感ゼロ。
なんとまさかの二日間ノーフィッシュだったのです。。。汗

そしてあっという間に最終日三日目。この日は西表島まで遠征してきました。
現地のフレンドショップ「グッドアウトドア」さんにカヤックをお借りして仲良川へ。
2014 3/21〜23 フライフィッシング

釣り初心者ながら強い魚運の持ち主、園原様が先月に続き、参戦してくれました。

まだ数回のルアーフィッシングですが、かなり慣れてきた様子。ポイントの地形や水深などを考えながらルアーを選択し
釣っていく園原様。ただ魚運が強いと思っていたのは私の勘違いでした。実力も備わってきています。

今回は初のカスミアジも顔を見せてくれて、ご満悦の園原様。次の目標はオニヒラアジとのこと。
ガーラに憧れるところもアングラーの素質アリということでしょうか。笑 いつかキャッチしていただきます!


数年ぶりに石垣島に来たという落合様。マングローブフィッシングに参戦してくれました。

前半戦はなかなかヒットパターンを掴めず我慢の時間が続きましたが、後半戦には時合も重なったか
40ジャストのマングローブジャックを頭に30オーバーを連発。サスペンドのメガバスマーゲイが大当たりでした。

後半盛り上がりを見せてくれて良かったです。落合様、またチャンスがあればお越しください。ありがとうございました!

2014 3/16 カヤックフィッシング


一日マングローブフィッシングで参戦してくれたのは、今春から新社会人になるというフレッシュな好青年アングラー菊池様。

普段はバスや渓流の釣りを得意とする菊池様はマングローブのテクニカルなキャスティングもお手の物。
ジャック35pUPを頭に、マングローブで五目釣りを達成させるなどまずまずの釣果を叩き出してくれました。

帰り際、話の流れで明後日の菊池様の旅行最終日にも追加ご予約を頂き、
次は海のカヤックフィッシングに参戦してくれることになりました。ありがとうございまーす!

ハゼ同様、かなりの大苦戦を強いられアオリイカさえ出てこない始末。時間だけが刻一刻と過ぎ、気付けばラスト一時間ほど。
ほぼ諦めかけていましたが、毎年クブシミを呼ぶ鈴木さんの不思議な力がこの日も勝りました!サイズこそキロちょいのカワイイ系でしたが
苦労した分だけ喜びは倍増。今年もクブシミに会えただけで大満足な鈴木様なのでした。

また次回、どんな鈴木ワールドを見せてくれるのか楽しみにしております。どうもありがとうございました!

毎年お越しいただいている東京下町釣り師の鈴木様が今年も参戦してくれました。
独特な世界観を持つ鈴木様。私はそれを「鈴木ワールド」と勝手に呼んでいるのですが今回も鈴木ワールド炸裂でした。

初日はマングローブでジャックではなくホシマダラハゼ狙い!東京でも下町屈指のハゼ釣り師である鈴木様。そんなお方が南国の
巨大ハゼに着目するのは必然なのでしょう。まずは難なくマングローブジャックやメッキをキャッチ。そして本命ポイントへ。
ここから一日の大半を本命ハゼ狙いのトップゲームに費やすことになるとは・・・。

2014 3/3、4 カヤックフィッシング

最高のKF日和となったこの日、参戦してくれたのは島の友人ケンタ。かれこれ一年前くらいから幾度と予約をしてもらっても
必ず中止レベルの悪天候に当たる呪われた男ケンタが、ついに大当たりの快晴日を掴み、これで呪いが解けただろうと
思ったらば、なんとまさかの体調不良でまともに釣りも出来ず、、、なんと不運な男であろうか。

後半は少し復活してするもエギにヤガラヒットで納竿。次は期待してるぜケンちゃん!

2014 2/28 カヤックフィッシング


一日でマングローブと海のカヤックフィッシングで参戦してくれた小倉様。まずは潮があるうちにマングローブへ出撃し、
開始直後トップにバイトがあるものの、それっきり無反応。。。早めにマングローブを諦め、気を取り直して海へ。

マングローブで撃沈を食らい、なおさら海での釣果に期待していたお二人でしたが海でも裏切られる結果に。。。
数本バラシはあったものの、淋しい釣果に終わり、天候に恵まれただけが救いとなってしまいました。

悔しい二人は、帰りの車の中でリベンジを誓い、次は6月に来よう!いや、6月は忙しいから5月にしようよ!
と、さっそく作戦会議に。。。      ありがとうございまーす!笑


すっかりご常連になっていただいている園原様が今年初参戦。昨年から石垣島での遊びをダイビングから釣りに転向し、
釣り経験値はまだまだビギナークラスにも関わらず、もっぱら魚運に恵まれている園原様。

今回も二月の低活性の時期にサイズこそ出ませんが、数はそこそこ釣ってくれました!
正直テクニックはまだまだなのに(スイマセン!)釣ってしまうのです。なにか持ってるお方です。

釣り歴二年目突入の園原様、今年は大暴れの予感がしますぞ!?

2014 2/15、16 カヤックフィッシング

二日間にわたり、マングローブと海のカヤックフィッシングで参戦してくれた井戸様。ご利用ありがとうございます!

さすがに寒い石垣島の2月。この日も15〜17℃と厳しい寒さ(私にとって)でしたが大雪の東京から来た井戸様には天国か。
しかし南国の魚達はこれくらいでも寒さに弱いのか超低活性。マングローブで遊んでくれるのはメッキばかりでジャックは現れず。

海では小ぶりのミーバイやイソフエがちょこっと遊んでくれただけの淋しい釣果でしたが、
カヤックで魚が釣れたことに感激してくれた心優しい井戸様なのでした。

2014 2/11、12 カヤックフィッシング

同郷埼玉県の川口市から中藤様ご夫妻が参戦しにいらしてくれました。幸い天候に恵まれ、午後からサンセットまで
カヤックフィッシングを楽しんでみたいとのリクエストでのんびりと竿を振っていただきましたが、、、

魚ものんびりしていたのか、お二人とも慣れないルアーフィッシングとはいえ、釣果は申し訳ない結果に。。。
しかし最後は一月とは思えない南国らしいサンセットに癒され、お二人には最高の時間だったようでなにより。

中藤様、またお会いできる日を楽しみにしております!どうもありがとうございました。

2014 1/31 カヤックフィッシング


正月に突入して、めでたい快晴が二日続いた石垣島でしたが
午後には崩れそうな三日目。なんとかギリギリまで行きましょうと
エギングで参戦してくれたのは荻谷様三名様グループ。

普段内地でエギング慣れしている方でも石垣のシャローエギングは
まったくの別物。複雑な地形に根掛かり連発のストレス地獄に。

刻一刻と時間は過ぎ、釣果と同時に空模様にも暗雲が。。。

結局、天気が崩れる前に小イカが一本遊んでくれたのみで
大雨ドシャ降りに見舞われ納竿となってしまいました。

厳しい釣りをお疲れ様でした。また機会があればリベンジを!

2014 1/3 カヤックエギング

新年二日目。この日も晴れやかな陽気のお正月となりました。参戦してくれたのは飯野様と島在住の浜崎様親子。まずは島在住
ながらもルアー初挑戦の浜崎様親子。息子が釣れればいいんです♪とスタートした浜崎パパ。まさにその通りになってしまいました…。
浜崎パパにも一発ヒットしたのですが、その貴重な一本のファイト中に息子さんのルアーとまさかのお祭りでライントラブル。。。苦笑
これで魚に逃げられてしまったパパさんはさすがに息子さんにバカ野郎!の一言。笑  また遊びに来てください!

そんな珍道中の親子の横で、ホイホイ魚を釣っていくラパラ使いの飯野様。いろいろ試した結果、ラパラが強いよ〜!と
冬のシブい魚達をバシバシ釣り上げてくれていました。ミーバイばかりでしたが楽しんでくれたようでなによりでした。
ぜひまたチャレンジしにいらしてください!みなさん、どうもありがとうございました。
2014 1/2 カヤックフィッシング

平成26年元旦。12月は気が滅入るほどの悪天候続きだったのが、雲一つない奇跡の快晴に恵まれた石垣島。
晴れ晴れとした気持ちで新年のスタートを切ることができました。そんな新年一発目の参戦者は長井様と山下様。

長井様は地元で自身のカヤックを持つカヤックアングラー。釣りの腕前も流石で水温低下の低活性でもまずまずの釣果を
上げてくれました。山下様は序盤は苦しい展開でしたが、徐々にカヤックにも慣れ始め、シブいながらも数本キャッチ。

とにかく最高の天気に恵まれたおかげで、浮いてるだけで気持ち良い格別な一月一日でした。
今年も一年、大漁と安全を祈願しながら、全力で楽しんでいきたいと思います!


2013 12/31 エギング

大晦日に当店で釣り納めしてするのが恒例となっている
愛知からお越しのエギンガー伊藤様。

今年は強風の為に、陸っぱりランガンスタイルでご案内。
巨大アオリイカ捕獲の夢を抱き続け3年目の伊藤様。

しかし毎年夢から覚めないまま新年を迎えさせてしまい
今年こそは!とガイドの私も意気込んでいたのですが…

もはや夢遊病のように黙々とシャクりまくって報われず。。。
ただのシャクり納めとなってしまい、またまた夢見のまま
新年を迎える伊藤様なのでした。

いやぁ、毎年毎年申し訳ございません。。。
次回4度目の正直を期待しております!


毎年年末にお越しいただいてる中山様ご夫妻と池上様が今年も足を運んでくれました。
今回の狙いは前回不発に終わったアオリイカ。カヤックでの釣行予定でしたが強風の為、陸っぱりランガンでご案内。

風裏から風表まで島をほぼ一周するほどポイントを廻りながらもイカ達はなかなか釣れてはくれず、折れそうな心と冷えた体を
明石食堂のそばで回復させ、夕方まで雨に濡れながらも粘ったあげくキャッチしたのは子イカ2本と魚数本…。
いやぁ厳しい戦いでしたが、こんな悪天の日は観光気分でゆったりドライブしながらの釣りもなかなか楽しかったかな。

2013 12/29 エギング

絵本作家の村上康成様が3月以来の参戦です。

カヤックでのフライフィッシングの予定でしたが、
この日も北風が吹き荒れる悪天候…。

カヤックは諦め、陸っぱりでご案内しましたが、
フライを振れる風裏も限られたポイントのみで
反応もイマイチ。。。そこで話の流れでアオリイカも
好きという村上さんだったのでエギングポイントへ。

石垣島でのエギングは初めての村上さん。
慣れないシャローエギングに苦労しながらも、
コツを掴み楽しんでいる様子でしたがヒットせず。

代わりに隣で私が釣ってしまった1.4kgのイカで
記念撮影。笑 石垣に来る楽しみがフライ以外にも
一つ増えたと嬉しそうな村上様でした。

2013 12/23 フライフィッシング&エギング

冬休みに入り石垣島も観光客の方々で賑わってますが、あいにくの荒れた天候が続いている寒々しい12月。
この日も北風が強く海には出れず、マングローブも水温が下がり厳しい釣りになるのを承知で参戦してくれたのは大野様。

9月にも参戦してくれた大野様、前回はマングローブでシングル艇に苦労したので今回は私とタンデム艇で釣りに専念していただき
シブシブの厳しい釣りをなんとか楽しんでくれました。次こそ海に出れるよう祈っております!

2013 12/22 カヤックフィッシング

なんとなんと、東京から日帰りという弾丸スケジュールで参戦してくれたアングラー増嶋様。リクエストはマングローブ。

石垣空港10時着。そのままポイントへ直行。11時前には釣りスタートしてジャック、ユゴイ、メッキ、カマスなどを釣って
マングローブフィッシングを満喫。17時過ぎに上がり車で着替えて19時のフライトに間に合うように空港へお送り。

レッドヘッド初めての日帰り弾丸フィッシングツアー無事成功!
増嶋様、どうもありがとうございました。次回はできればゆっくりお越しください!笑

2013 12/14 カヤックフィッシング

覆面アングラー見崎様ご夫妻が12月もいらしてくれました!毎度ありがとうございます!
今年最後の参戦は青空に恵まれましたがあいにくの強風。しかし強風慣れしている見崎様ご夫妻なので(笑)
風裏ポイントでアンカーを落としながらのKFでOKとのことで海へ強行出艇させていただきました。

午前中は小さなミーバイがぽつぽつ…かなり厳しい釣りでしたが、午後になるとミジュンの群れが入り始め海上は賑やかに。
トップに切り替えたご夫妻は何度もダツやメッキの猛攻撃にあいながらも、なかなかフッキングしないもどかしさに快感を覚えたのか
約3時間ほどの後半戦をトップゲームで遊び倒しバイト50以上、キャッチ2〜3本?なぜならシングルフックだったそうな。笑

しかし12月にまさかのトップゲームを楽しめたことに満足していただけたようで、来年も足を運んでくれそうな見崎様ご夫妻でした。

2013 12/8 カヤックフィッシング

最高の青空に恵まれたカヤック日和に参戦してくれたのは
一人参戦の楠崎様と光石様カップル。狙いはアオリイカ。


抜群の天候にテンションも上がり、かなり高活性の我々。
しかしイカ様はそれを嘲笑っているのかまったく反応せず。
タンデム2艇に分かれシャクリ倒しましたがなんとイカゼロ・・・


淋しすぎる釣果に我慢できなかった光石さんは
最後にルアーでミーバイに救われておりました。笑

いやぁ、申し訳ありませんでした。
リベンジ待ってます!

2013 12/4 カヤックエギング

昨年もいらしてくれた淡路島のカヤックアングラー岩見様ご夫妻が今年も参戦してくれました!

岩見さんのご希望はマングローブでしたが、ここ最近のマングローブの渋さと、当日があまりにも海日和だったので
海をオススメして出撃。しかし海も川と変わらず渋かったとは…。泣

魚を釣りたいお二人のルアーにアオリがヒットするなど笑える盛り上がりもありましたが魚は超ライト級ばかり。
ポカポカ陽気に恵まれて気持ち良く海に出れたことだけが救いだったか。いや、もしや同じ釣れないならマングローブで
のんびりと楽しみたかっただろうなぁ?なんて思いを夜、錦での酒の席で笑い飛ばしてしまったのは私だけ…?

また次回、昼も夜も楽しみましょう!ありがとうございました!

2013 11/30 カヤックフィッシング

31日の海は快晴。最高のカヤックフィッシング日和に恵まれ、前夜飲み過ぎたにも関わらず活性の高いおふたり。
しかし魚達はなかなかの低活性で手を焼きましたが、上ノ山氏キツネフエフキ、濱中氏スマガツオと両者ともに
良型をキャッチしてくれました。来年は更なる良型を狙う上ノ山氏と濱中氏はマングローブ殴り込みですな!笑

29日と31日の二日参戦してくれたのは今年4度目のご常連上ノ山様。今回は釣り仲間の濱中様を引き連れての参戦。

29日は到着日。お昼頃空港へお迎えしてから八重山そばを一瞬で平らげ、悪天候のマングローブへ。
雨続きだったこともあり川は激渋も激渋。それでもマングローブマスター上ノ山氏はサイズこそ出ないものの数本キャッチ。
初参戦の濱中氏は何度かバイトは誘うもののキャッチまで至らず。。。翌々日の海でうっぷんを晴らすことに。

2013 11/29、31 カヤックフィッシング

と思ったら翌日お電話が鳴り、明日18日にご予約が!ありがとうございまーす!
しかしなんと次のターゲットはイカ。デカいアオリを釣ってみたいとのリクエスト。
ということで、 2013 11/18 カヤックエギング

しかし、、、あれ?写真がない? そうなんです。ないんです。全員ノーイカなんです。。。
半日参戦とはいえ厳しすぎる結果に。どうもスイマセンでした!

そんな申し訳ない結果にも、男気溢れる御三方はガイドの私に気にするなと
空港まで送りがてら温かいそばを御馳走してくれたのでした。

そしてここのそば代を男気ジャンケンで星山様がお支払いすることに。。。笑

当日の午前中に急遽お電話をいただき午後出発でマングローブ参戦してくれたのは
塩見様、大林様、星山様の3名様。私と同船した大林様の写真だけで申し訳ございません。

そして釣果もなかなか厳しい結果となってしまいまして、星山様だけがノーフィッシュの残念な結果に。
しかもノーフィッシュの星山様がツアー代を男気払い。2人は大笑いでした。笑
暑くなったり寒くなったり、プラス雨が多いこの頃、水温や濁りのコンディションが日々変化する状況に
魚達もナーバスになっているようです。またの参戦を期待しています!
2013 11/16 カヤックフィッシング

風が強く風裏限定ポイントに入りましたがお目当てのアオリは反応せず。ミニサイズのクブシミとミーバイだけが遊んでくれました。
なのでアオリもリベンジ誓い納竿となってしまいました。次回リベンジ釣行、ぜひともお待ちしています!

青空晴天の夏日となったこの日。まずは午前の部マングローブフィッシングで参戦してくれた広瀬様と志村様ご夫妻。
志村様ご夫妻はルアー初挑戦とのことでしたが夫婦2人でどんどん精力的にカヤックで動き回り、釣りというよりツーリングを
楽しまれているご様子!?ちょっと難しかったようで結果ノーフィッシュ…。でもカヤックを存分に楽しまれていたようでした。笑

一人参加の広瀬様は私とタンデム艇で釣りに集中するもなかなかシブい反応。なんとかジャックは出てくれたものの
満足サイズは現れずまたリベンジを誓うのでした。そして午後は広瀬様とイカ狙いで海へ。


ひさびさ登場、ご常連の保永様がハイビスカスを
耳にかざし参戦してくれました!笑


午後からの半日コースでまずはガーラ狙い。
荒れがしばらく続いた後の好天だったので
出るかも!ここは出るかも!と期待しすぎてひたすらトップを
投げ続けるもののガーラからの反応はナシ。

引き際を決め切れず気付けば夕方に。。。
ノーフィッシュは寂しいとラスト30分ほどライトに切り替えると
アミメフエダイ様が救いの手を差し伸べてくれました。


保永さん、来年は両耳にハイビスカスでリベンジ行きましょう!


ひさびさに穏やかに晴れ渡り、絶好のKF日和に恵まれたのは初参戦の亀井様。ご利用ありがとうございます!

初めての石垣島での釣りに挑戦する亀井様。サイズよりも南国のいろんな魚を釣ってみたいとのことで
インリーフのライトゲームで五目釣りを楽しんでいただきました。

亀井様の希望通り普段はあまり出ないベラ系もいくつか顔を出し、ルアーでこんなのが釣れちゃうの〜!?
と驚きながらも大喜びの亀井様。次回はサイズアップ狙いでもお待ちしております!

写真は石垣島を代表する天然記念物カンムリワシ。

この日参戦してくれたのは毎度ご常連の飯塚様3名様グループ。
海のKFでご予約でしたが強風の為にマングローブへ。

飯塚さんは私、飯塚さんの友人2人とでタンデム艇で二手に分かれることに。
石垣島は初めてというご友人2人には別行動は酷かなぁ?と思いながらも
ご常連の飯塚さんのエンジンとしてガイドを専念したのですが…

結果は初参戦の2人は初のマングローブを自ら攻略し、なかなかの釣果を叩き出したそうですが
前回50近いジャックをキャッチするなどマングローブを熟知している飯塚さんはなんとノーフィッシュ。
収獲はバードウォッチングのカンムリワシのみという大変申し訳ない結果に…。

経験値が物を言うマングローブフィッシングだと思っていましたが意外や意外。
この雪辱は来年きっちり晴らしてくれることでしょう!

飯塚さん、いままでで一番苦しい釣果となってしまいましたが、来年の雪辱戦お待ちにしております!

2013 11/2 カヤックフィッシング


季節外れの台風の影響で強風続きの10月後半戦。この日も海は大シケのため海は断念してマングローブへ。
参戦してくれたのは大坪様。本来奥様と二人でのカヤックフィッシングをご予約頂いてましたが、奥様が妊婦さんとの事で
天候が不安定で大雨も予想されていた為、安全上一度中止にしたのですが旦那様一人だけでも行きたいとのことで出撃!

半日の短い時間で、シブい反応ながらも35UPのユゴイを頭にチビジャックが数本キャッチしてくれました。
最後はトップでジャックが釣れて大喜びの大坪様でした。やはりトップの一本は嬉しいものですね。


今年7月にも参戦してくれた荻野様が今年二度目の参戦。前回がマングローブだったので今回は海のリクエストでしたが、
あいにくの強風に見舞われ海はアウト。それならとマングローブのデカジャック狙いに変更して楽しんで頂きました。

目標は40オーバーのジャックでしたが、遊んでくれたのは20前後のチビジャックやメッキにユゴイたちでした。
こうなったら40オーバーが出るまでマングローブ縛りで行きましょうか、荻野さん!笑
またお会いできるのを楽しみにしております!

2013 10/26 カヤックフィッシング


秋晴れの爽やかな陽気の中、マングローブフィッシングに参戦してくれたのは清水様ご夫妻。
午後からの短時間勝負でしたが、かなり厳しすぎる展開に。。。

ファーストヒットはお付き合い釣行の奥様に出てくれましたがなんとクサフグ。。。しかしこれに満足してしまった奥様。笑
あとは旦那に釣れればそれでいいとのんびり休んだり、たまに投げたりと有意義な時間を堪能。

一方、旦那様は夢中で投げ倒してくれていましたが、がんばり空しくまったく反応ナシ。
心も折れかけていたようですが、クサフグと言えども奥様に一本釣られて自分は手ぶらで帰るわけにはいかないと
最後まで集中して叩いた結果、終盤戦にようやく念願のヒット!ジャンプするファイトにターポンかと思いましたがカライワシでした。

結局ジャックは現れず、クサフグとカライワシという普段釣れない珍しいのが二本のみで納竿。。。
いやぁ、苦しい展開でしたが最後まで頑張ってくれてありがとうございました!またの参戦お待ちしております。
2013 10/15PM カヤックフィッシング



時折ザーッと雨が降ったり太陽が顔を見せたりと移ろう空の下、マングローブフィッシングで参戦してくれた中野様。
開始早々から数投目でメッキに歓迎されまずは一安心。その後も難しいキャスティングを攻略しながら
ジャックやコトヒキなどが顔を出し、最大35cmUPのジャックをキャッチしてくれました!

終盤戦には珍しいナミフエダイの幼魚も現れ納竿。雨に降られながらもなかなかの釣果を叩き出してくれました。
中野様、ご利用ありがとうございました!次回は海のカヤックフィッシングチャレンジお待ちしております。


5月にもGT狙いで参戦してくれたフィッシング遊の渡辺様が
今回もGT狙いで参戦してくれました。前回は15sクラスのGTをヒットさせ、あと少しのところでフックアウトされてしまった渡辺様。

雪辱を晴らす今回の釣行でしたが、腰と肩が不調という満身創痍
の厳しいコンディション。なるべく早めに反応が出てくれればと
願いながらの序盤戦にいきなり本命らしきバイトが!

なんとこれが最初で最後の、らしきバイトだったのですが
ミスバイトに終わりファイトすらさせてもらえず終い。。。

腰と肩の痛みを堪えながら一日叩き続けてくれたのに、申し訳ありませんでした。これに懲りず、またの参戦をお待ちしてます。

次回、万全の体調と高活性で参戦できることを願っております。


つい2週間前に初参戦いただいた園原様が今月二度目の訪島で参戦してくれました。前回はマングローブだったので今回は海へ。
海は風も程良く吹き透明度も抜群。タンデム艇で私がエンジンになり園原様には思う存分釣りを楽しんでいただきました。

前回の初めてのルアー挑戦にも関わらず、マングローブで二桁超えの釣果を出し、ルアーの楽しさを痛感した園原様。
今回はルアー持参の意気込みで挑んだ海でも序盤こそぽつぽつとしか反応がなく厳しい釣りになるのかと思いきや、
午後から20本に届きそうな勢いの猛ラッシュ!石垣島のライトゲームを制してくれました。

型の良い美味しい系の魚は何本かキープし、園原様行きつけの居酒屋一龍へ持ち込み、島の長い夜を楽しんでくれたようです。
園原様、毎度ご利用ありがとうございます!次回の釣果、楽しみにしています!

2013 9/30 カヤックフィッシング

青空快晴の真夏日。炎天下の中、半日コースで参戦してくれたのはご常連の谷口様。いつもありがとうございます!

ここ最近は釣りガールを引き連れて賑やかな釣行でしたが
今回はひさびさに単独参戦。なので私とタンデム艇で
じっくり釣りを楽しんでいただきました。

と言いたいところですがあいにく魚達は低活性。。。
釣りガール達がいないからか私も低活性。。。嘘です。笑

厳しい釣果でしたが、穏やかな石垣らしい海に浮かべた時間は良い時間でした。谷口様、また来年!

2013 9/28 カヤックフィッシング

マングローブのフライフィッシングで参戦していただいたのは
アンダーハンドキャスティングスクールの講師なども務める
ティムコの近藤様。まだまだフライに関して知らないことが多い
私は今回初めてアンダーハンドキャスティングを初めて知り、
もちろん見るのも初めてだったのですが驚きのループ!
これぞマングローブに最適なキャスティングだと思いました。

バックを気にしなくていい上に手返しがとにかく早い。
打てる回数はルアーよりも多いかもしれません。

今回は大きめのフライしか用意してこなかったためにフッキングが
なかなか決まりませんでしたが実際のバイト数はかなりの数でした。

私もこの専用ラインを手に入れて練習してみようと思います。
近藤様、せひまたお越しください。そして教えてください!笑
どうもありがとうございました!



恐れていた台風は遠ざかり、風はまだ強いものの空はマングローブの緑も映える青空に。しかしマングローブの川の水は
前日夕方の大雨により濁り気味。厳しい戦いになると予感しながらも参戦してくれたのは大野様と小寺様。

案の定、スタートしてから沈黙が続く厳しい展開。チェイスさえもない状況に手掛かりも掴めず後半戦に。
業を煮やした小寺様は封じていたワームに切り替えると、これが正解だったかと渾身の初バイト!
20ちょいほどのジャックでしたが、初めて釣るジャックに大喜び!その後もメッキと子ジャックを追加。

一方、プラグで粘る男、大野様はなんとか子ジャックを2本誘い出しましたがもっとサイズが欲しかったと悔いの残る
釣果になってしまいました。また必ずリベンジに来ると言葉を残し納竿となりました。

大野様、小寺様、ご利用誠にありがとうございました。リベンジお待ちしております!



バサーの桑名様はマングローブのキャスティングなどお手の物。魚の活性も高くホイホイ釣り上げてくれました!
付き合い程度の釣り経験の彼女さんも彼氏に負けじと頑張ってくれました!数では負けましたが大きさでは彼女さんに軍配♪

一方、ひとり参加の園原様はほぼ初のルアー挑戦でキャスティングこそ苦労しましたが飲み込みが早く、みるみる上達して
終わってみればキャッチ10本超え!三人で30本を超える好釣果を叩き出し、皆さんご満足頂ける結果となりました。めでたし!

爽やかな青空快晴に恵まれたこの日はマングローブへ。参戦してくれたのは桑名様カップル(上)と園原様(下)

2013 9/17 カヤックフィッシング

石垣島を代表するフライフィッシャーマン平田氏が
ルアーに持ち替え本気のGT狙いで参戦してくれました。

本気のカヤックGTは初挑戦の平田氏。まずはキャスティングと
ロッドワークの感覚を確かめながら徐々にポイントへ入っていくと、
いきなりのファーストバイト!それを見事にフッキングさせファイトに
入るとカヤックが徐々に引っ張られていく。

あらかじめGTが掛かった時の注意点を助言していたので
慎重に慎重にカヤックのバランスを考えながらファイトする平田氏。

あまりに慎重なファイトをする平田氏に本物級が来たのかと
思っていたらいまいち魚は走ってない。。。小さいんじゃないかな!?笑

上げてみれば3キロクラスのオニヒラアジ。それでも自作ルアーで
キャッチできたこともあり喜んでくれた平田氏。そしてこのオニヒラでイメージ
を掴んだ平田氏でしたが、この後それらしいバイトはなく風も強まり納竿。

またチャンスを見てチャレンジ行きましょう!

2013 9/15 カヤックフィッシング

急遽、前夜に居酒屋錦さんからご紹介をいただき参戦してくれた植島様御一行4名。
ほぼ初心者のみなさん、なかなか釣れない時間が長く飽きてしまうか心配でしたがなんだかんだ楽しんでくれたようです。笑

若干一名ノーフィッシュとなってしまい申し訳ありませんでしたが、来年も必ずチャレンジすると嬉しいお言葉をいただきました。
来年は釣った魚を錦で喰らいましょうね!どうもありがとうございました。



9日から11日までの三日間は某メーカーの撮影ロケでした。

来年二月まで公表できませんが、

心配していた天候にも恵まれたおかげで
スケジュールも順調に進み、カメラマンさんやスタッフさんなど
素敵な出会いもあり非常に楽しいロケでした。

とにかく出来上がりが楽しみです!

2013 9/9〜11
カヤックフィッシング 撮影ロケ
 

毎度ご常連の覆面アングラー見崎様ご夫妻が真夏の燃えるシリーズに参戦してくださいました。
今回は島在住のマルチアングラー岡田様も飛び入り参戦。皆様ご利用ありがとうございます!

海のカヤックフィッシングは初めてという岡田様は不安なのでガイドの私とタンデム艇をリクエスト。
私という最強のエンジンを手に入れた岡田様は飛び入り参戦にも関わらず、見崎様ご夫妻の顔色が覆面で見えないのを良いことに
50クラスのカスミアジを頭にバカバカと魚を釣っていく。笑 まあそこはさすが島の釣りを知り尽くしたマルチアングラー。お見事でした。

一方、見崎様ご夫妻は前回参戦時に相乗り参戦した方が爆釣していたバエン釣法を見崎オリジナルに仕立てて実戦。
これがなかなか当たっていたようですが根掛かりも多く四苦八苦していたようでした。いつもなら私がシングル艇で徹底マークして
根掛かり回収サービスをするのですが今回は岡田様に付きっきりになってしまい申し訳ございませんでした。
さらに全員の顔色を一切伺わずに、岡田様のライントラブル中にちょろっと投げてみたヨレヨレにこの日一番のオニヒラアジが
ヒットしてファイトを楽しんでしまったバカガイドの私をお許しください。10月は根掛かり回収サービスを強化致します!笑



午後の潮の変わり目を狙って、ポイントを移動してターポンを狙いに行ってきましたが残念ながらターポンは不発。。。
何本か当たりがある中、メッキとホシミゾイサキが遊んでくれました。来年はターポンと遊んでやりましょう!

昨年に続き今年もお越しいただいたフライフィッシャーマンの浅井様。ご利用ありがとうございます!
奥様はお付き合い釣行で年に一回のルアーフィッシングを頑張っていただき昨年釣れなかった雪辱を晴らす事に成功!
しかし一匹止まりの申し訳ない結果でしたが、来年は二匹を目標にします!と暖かい健気なお言葉。ありがとうございます。

フライの浅井様も前回海ではノーフィッシュに終わってしまった雪辱を晴らし数本キャッチできたようで良かったです。(写真が無くてスイマセン)

2013 9/5 フライフィッシング

前日3日のご予約でしたが風が強く一日延期して、午後から半日参戦していただいた厚海様。
まだ風は強いもののなんとか海へ頑張って出てきましたが、頑張り空しく魚の反応は激シブも激シブ。。。

厚海さんにヒットこそありましたが根に入られ痛恨のブレイク…。まあまあ良型だっただけに悔しい一本でしたね。
わざわざ日を変えていただいたのに結局厳しい釣りとなってしまい申し訳ありませんでした。。。
また懲りずにチャレンジしにいらしてくれることを願います!どうもありがとうございました。

2013 9/4PM カヤックフィッシング

ただでさえ難しいマングローブのキャスティングに、追い打ちをかける雨で濁り気味の河川。
厳しい釣りになると承知の上で参戦してくれたのは山田様ご夫妻。ご利用ありがとうございます!

午後から半日と短い時間でしたが、キャスティングにはすぐに慣れてくれましたが、際に落としても反応はやはり激シブ。
マングローブの中で釣りという行為ができただけでも気持ち良かったと、半ばあきらめかけていたラスト10分くらいの
ポイントで私と同船していた奥様に、まさかのオオクチユゴイがトップに出てくる一発逆転劇で締めくくってくれました!

いやぁ、なかなかドラマチックなエンディングを演出してくれた奥様に感謝です!旦那様は次回、暴れてください!笑
2013 9/2 カヤックフィッシング

台風12号接近中の石垣島、前日の夕方から激しく降った
大雨により川はコーヒー色に・・・。参戦予定の三好様には
中止を促しましたが、なんとか行くだけ行きたいとのリクエスト。
明日最接近する台風の対策の為、一日予定を半日釣行と
させていただき短い時間ではありましたが、
うんともすんとも何一つ反応のない悲しい結果を見ることに。

濁りと急激な水温低下によるものでしょうが、一匹くらい
気の利いたヤツがいても良さそうなのに魚達はシビアでした。

三好様、また来年リベンジお待ちしております!


マングローブジャックが釣りたい!と参戦してくれたのは関根様と川崎様。台風12号が近付く石垣島は
あいにくの曇り空でしたがこれが功を奏したのかトップにも反応を見せる一日となってくれました。

二人ともコンスタントに釣果を伸ばし、ビッグサイズこそ出ませんでしたがジャックをはじめ、
メッキ、ホシミゾイサキなどが楽しませてくれました。
関根様、川崎様、ご利用ありがとうございました!またお会いしましょう。

2013 8/19 カヤックフィッシング

晴れたり雨が降ったりと不安定な天候の中、カヤックフィッシングに参戦してくれたのは大和田様ファミリー。
地元横浜で最近シーバスを始めたけど、まだ釣れたことがないという高校1年生の息子さんのために
ぜひ釣らせて欲しいとお母さんからご予約をいただきました。聞けばルアーではまだ一匹も魚を釣ったことがないとの事。

石垣の魚もそう簡単に釣れるものではないけど頑張って釣ろう!とスタートして2投目…いきなりヒット〜!笑
これには釣った本人、お父さんお母さん、そして私もビックリ!サービス精神旺盛な気の利いた魚はキレイなツチホゼリでした。

しかしその後はぱったりと反応はなくなり時間と雨雲だけが無情にも近付き、雷が鳴りそうな激しい雨が迫っては陸に避難を
繰り返し、なかなか釣りに集中できませんでしたが、なんとかダツを1本追加して納竿となりました。

お父さんお母さんは申し訳ないことにノーフィッシュ。。。お疲れ様でした。ぜひまたお越しください!ありがとうございました。

2013 8/17PM カヤックフィッシング

8月の燃えるカヤックフィッシングも中盤戦に突入。炎天下のカヤックでは焦げつく厳しい暑さですが、参戦してくれたのは
すでに真っ黒に焦げていた塩坂様お二人。(笑) 彼氏さんはできればガーラを狙ってみたいとのことでライトもやりながら
怪しいポイントではトップで叩いていただきました。所々で鳥山が立ち、ガーラの雰囲気はムンムン。
いつ出てもおかしくない状況で、いつも出てこないのが関の山ですがこの日は出ちゃいました!

持ってきたタックルは少し強めのシーバスロッド。5キロサイズまでのガーラが来れば十分だったのですが、、、
出てきたのは余裕で10キロは超えるであろう本物クラス。派手には出ず、吸い込むように塩坂さんのポッパーを持っていくと
一気に根に潜り込む!ぐあぁぁぁあ〜〜〜痛い痛い痛い(>_<)!悲鳴を上げる塩坂さん。初めて味わう猛烈な引きに
ロッドを持つ手が痛かったとか。笑 しばらく耐えていたのですが、結局一回転も巻くことも出来ずラインブレイクしてしまいました。

あれは仕方なかったですね。あまりにもデカすぎでした。笑
次回、タックルを強化して挑んでやってくる塩坂さんが想像できます。
またお会いしましょう!ありがとうございました。

2013 8/16 カヤックフィッシング

夕方の便で西表に渡らなければならない谷畑様一家。残りわずかの限られた時間をダツ狙いに集中するためトップで
投げ倒してもらうことに。ルアーアクションをレクチャーするとその通りに動かすセンス抜群のお兄ちゃん。

トップの反応がなにもないまま投げ続けるのはモチベーションがなかなか保たないもの。
それでも頑張って投げ続けているとついにその時が!横からトップに食らいついてきたのは本命ダツ!
いきなりのバイトに驚きながらもファイトに入ると何度もジャンプするダツ。リーダーやばいかなぁ・・・と思い始めた瞬間プツン。。。

これ以降ダツのチャンスは訪れずタイムアウト。お兄ちゃんの夢は来年に持ち越しとなってしまいました。
もしかして西表で釣れたかな。谷畑様、今年もご利用誠にありがとうございました!

昨年に引き続きカヤックフィッシングに参戦してくれたのは谷畑様ファミリー。今回もお兄ちゃんの本命ターゲットは前回と同じく、ダツ。
そして弟くんは前回ノーフィッシュだったので目標はとにかく一匹。ダツと、なんでもいいから一匹という兄弟のなんとも健気なリクエスト。
これはなんとしても叶えてあげんといかん!と強い思いを持っていざスタート。するとヒットが連発しているのはお父さん。笑

全体的に渋いながらも、前半はお父さんだけに集中していましたが、徐々にお兄ちゃんにも調子が出てきたか
お父さんの数を追い上げる展開に。その光景を楽しそうに眺める優しい弟くんに待望のヒットが生まれました!魚はニジハタ。
見た目は小さいけどでっかい魚です。おめでとう!そしてお兄ちゃんにはダツの反応がないまま後半戦に。

2013 8/12 カヤックフィッシング

さてさて、その藤川少年も大人に負けじと、持参してきたルアーをとっかえひっかえ地形を見ながら変えていき、
ファーストヒットはアオノメハタ。小さいサイズでも良く引く南国の魚に驚きながら大喜び。その後はダツの猛攻撃にも合い
キャッチ寸前までいったのもありましたがブレイク。これには大興奮の藤川少年だったのは言うまでもない。

そして藤川少年が興奮絶頂に達したのは、バス用ビッグベイトでのアオノメ。まだバスも釣れてなかったビッグベイトでの一本は
今後の少年の釣り人生にも深く刻まれる一本となったようです。とにかく大喜びの藤川少年でした。またおいでね!

大橋様は石垣遠征の後はすぐにモルジブ遠征だとか。羨ましい!またお話聞かせてください。ありがとうございました!


ヒットルアーはすべて邪道アーダ

青空快晴の猛暑日となった夏真っ盛りのこの日ですが、参戦してくれたのは暑さには慣れている沖縄本島在住の坂本様ご夫妻。
旦那さんは五月に続き二度目の参戦で、今回は奥様もご一緒に釣りを楽しんでくださいました。ご利用ありがとうございます!

開始早々に旦那さんがファーストヒット、セカンドヒットと調子良く釣果を重ねると、気長に楽しんでいたルアー初挑戦の奥様にも
待望のヒットが。これには旦那さんも胸を撫で下ろしたか大喜び!しかしここから奥様はコツを掴んだのか旦那様を黙らすほどの
快進撃を見せてくれました。しかも普段はあまり顔を見せないホウキハタなど、ヒットする魚はすべてミーバイというミーバイハンターに!笑

ミーバイ系など食べれる魚はお二人の食材としてすべてお持ち帰りになりました。奥様の大活躍で賑やかな食卓になったことでしょう♪

2013 8/5 カヤックフィッシング

ご常連の武田様ご夫妻がひさびさに参戦してくれました。いつもご利用ありがとうございます。
なんと二年前にメーターオーバーのバラクーダを釣った奥様は現在も当店の大物記録女性部門のチャンピオンなのです。

今回は旦那様に大物を釣ってもらい、ご夫婦でチャンピオンに君臨してもらおうかと淡い期待をしていましたが、
淡すぎも淡すぎ・・・・びっくりするほどの低活性にかなりの苦戦を強いられてしまいました。

一日叩いて二人で小物が10本もいかないほどの悲しい釣果。撃沈です。。。

武田様ご夫妻、ひさびさの参戦でしたのに残念な思いをさせてしまいましたね。。。
これに懲りずまた足を運んでくださるよう願っております!

2013 7/23 カヤックフィッシング

青い空とヒルギの緑が映える夏空の下、二日間マングローブをフライフィッシングで参戦してくれたのはフライマン丹様。
先日のフライキャスティングスクールの講師中根さんからのご紹介でお越し頂きました。

ソルトウォーターマガジンなど雑誌のライターを務める生粋のルアーマンでもあり、プライベートではフライを楽しむ丹様。
とにかく経験豊富な丹様ならではの視点、洞察力で初めてのマングローブを攻略していただきましたが、
とにかくシブく厳しい二日間となってしまいました。。。初日は午前午後でポイントを変えてみるけれど午前はメッキのみ。
川を変えた午後も反応は薄く、ようやく本命マングローブジャックが出てくれたのは14時を回っていました。
やっと顔を出してくれたジャックは20pクラス。せめて30p以上はキャッチして欲しかったのですが健闘空しく初日はこれで終了。

二日目は午後から半日コースで出撃。初日とは違う3本目の川へ入ろうとしましたが、
先日の台風の影響かアプローチの道に大木が数本倒れていて道を塞がれ車が通れず断念。
出鼻を挫かれた形で、急遽別の川へ入る幸先の悪いスタート…。

2013 7/25,26 カヤックフライフィッシング

初日、二日目ともフライはポッパー、ガーグラーとトップ系を中心に、マングローブの根元へ絶妙なループキャストで魚を誘う丹様。
これ以上ないというほどタイトなキャスティングを何度も決めても反応してくれない魚達。初日と変わらず厳しい戦いとなり、
結局、これと言ったドラマも無く、15pクラスのジャックが一本でフィニッシュという淋しすぎる結果に終わってしまったのです。

丹様、期待を裏切る形となってしまいましたがチャンスがあればまた足を運んでください。ありがとうございました!

2013 7/27,28 カヤックフィッシング

と、二日目に思えれば良かったのですが、二日目もそう甘くはなかった。。。というより残念な天候に泣かされてしまいました。

午前中までは快晴青空でしたがほぼ無風の凪倒れ状態。初日で逃しはしたものの、良型のファイトを何度か味わえたおかげで
良いイメージを持ってきた川村さん。いつでも来やがれの臨戦態勢でしたが出てくるのはダツばかり。
ダツ大発生か?ってくらいダツの猛攻撃を喰らい、リーダーもルアーもボロボロ。。。

その最中、明らかにダツではない重量感のあるドデカいのが一発出ましたが、、、デカ過ぎ…。瞬殺されてしまいました。

結局丁度良いサイズが来ないまま、午後には雲行きが怪しくなり大雨に。。。
そのまま天候の回復が見込めなかったので結局早めの納竿となってしまいました。

二日間で燃え尽きることが出来なかった川村様、今年3度目の参戦あるかも!?笑 

早くも7月後半、猛暑続きの炎天下の中、燃えるカヤックフィッシング2daysに参戦してくれたのは、燃え尽きるまで
やったります!と今年2月にもお越しいただいた川村様。毎度ご利用ありがとうございます!

まずは初日、なるべく大きいのを狙いたいとミディアムクラスのタックル一本で挑んだ男気川村さん。
その男気が魚にも伝わったのか一投目にまさかのドラグ音を鳴らすヒットが!!!いきなり来た〜っ!!!と大きくロッドを撓らせ
ファイトに入りましたが、ロッドは曲がったままの状態から元に戻らない??残念ながら根に入られてそのままラインブレイク。。。

油断している一投目での良型はある意味不運なものです。。。そして気を取り直して数投目でヒットするのはいつものイシミーバイ。

その後にも良型のヒットがあったりとチャンスはあったのですが、いずれもラインブレイクやフックアウトで
南国の強靭な魚の洗礼を受けた川村さん。しかし二日目に繋がる良いチャレンジだったと思えば・・・・

タマンが釣りたいです!と半日コースで参戦してくれたのは島在住の高橋様とそのお友達の涌井様。

狙うのはなかなか難しいタマンですが、タマンの実績あるポイントへタマンタイムを狙っていざ出撃しましたが…、
本命どころか他の魚達も低活性のシブ〜い釣果に終わってしまいました。

高橋様はキャッチ数本、釣り初心者のお付き合いで参戦した涌井様は私とタンデムでレクチャーしながら
叩きまくってもらいましたが痛恨のノーフィッシュ…やってしまいました。申し訳ありません!泣

またチャンスがあればお越しください!ありがとうございました。

2013 7/30 カヤックフィッシング
2013 7/29 カヤックフィッシング

マングローブジャック、ホシマダラハゼ、オオクチユゴイ。この3魚種を釣りたいとマングローブKFに参戦してくれたのは
ご常連の東京下町釣り師鈴木様のご紹介でお越し頂いた同じく下町釣り師の西沢様。ご利用ありがとうございます!

やっぱマングローブはトップでしょう♪とトップでスタートして約一時間。なぁんも出ない。。。
すると早々と見切りを付けシャッドに変えてみるといきなり小さなメッキ群のバイトが!数本釣ってから次はシンペンを試してみると
これがこの日のヒットルアーでした!まずは大本命マングローブジャックの登場。しかも一本目から大型45pをキャッチ!
いやぁビックリしました。終日叩いてもなかなか出ないサイズをジャック初キャッチで出してしまいました!あっぱれです☆

その後も20〜30pクラスも数本に、40に近い35pオーバークラスのジャックを二本。メッキは20本を超える展開の中、
ターゲットのハゼとユゴイも見事に一本ずつキャッチし、ミッションコンプリート!!! 完璧です☆☆☆

鈴木さんもそうでしたが狙った獲物は逃しませんね!恐るべし下町釣り師西沢様でした。


ヒットルアー 邪道スーサン/アーダ

釣りが大好きという蘭君の為にカヤックフィッシング半日コースに参戦してくれた松田様ファミリー。

みんなルアーフィッシングはほぼ初めてという事でスタート前にビーチでキャスティング練習をしてもらってからの出艇。
はじめはさすがに飛距離が伸びない蘭君でしたが、慣れるのも早く大人顔負けのキャスティングを見せるようになると、
活性の低い魚達でしたがなんとか反応を見せ始め、イシミーバイとアミメのダブルヒットを決めるなど大興奮の蘭君でした!

一方、お父さんとお母さんにはなかなかヒットせず、なぜ息子だけに釣れるのか!?と不思議がりながらもシーカヤックを堪能。
半日の短い時間で厳しい釣りでしたが、せめて蘭君だけでも釣れて良かったです。ありがとうございました!
2013 8/3 カヤックフィッシング
2013 8/4 カヤックフィッシング

石垣在住のユゴイマスター大野氏がひさびさの参戦。今回の狙いは50pオーバーのマングローブジャック。

夕方の上げ潮を狙っての短時間勝負で出撃してきましたが、結果は写真の通り・・・・。汗
さすがに50UPは出なくとも30後半〜40UPは最低目標でしたが残念無念。。。

夕マズメ狙いでこの釣果ではがっくしでしたが、また懲りずに行きましょう!ありがとうございました。









台風明け。荒れた後の高活性ゲームを狙って参戦してくれたのは石垣島の美容室アンバーの伊藤さんとゆかりちゃん。
いつもご利用ありがとうございます!いつものようにシングル艇で自由に動いてもらった伊藤さんですが、写真がまったくないのは
離れていたせいもありますが、期待外れの低活性ゲームに不完全燃焼の釣果だった伊藤さん。
唯一の盛り上がりは70pクラスのタマン系が目の前までチェイスしてきたくらいだったとか。。。

一方、タンデム艇で私と動いていたゆかりちゃんはいきなり一投目でイシミーバイをキャッチしたり、私が釣った魚も持っていただき
モデルになってみたりと陽気な写真がいっぱいです。(笑) いっぱい釣った気分になったとご満悦のゆかりお嬢でした。

そろそろ伊藤さんに納得のいくデカいのをやっつけて欲しいところです。。。。次に期待!

2013 7/16 カヤックフィッシング




ヒットルアー 邪道アーダ
         邪道グラバー

カーチバイも治まり、一日穏やかな凪となりましたが恐怖の凪倒れを予感させるほどでしたが小ぶり系中心でしたが
なかなか楽しませてくれました!参戦してくれたのは石垣在住の田中氏と長野からのお友人奥島氏。
麦わらの田中氏は、西表時代(約15年前)に同じショップで働いていた仲間でひさびさ一緒に海で遊びました!

田中氏達二人は昨日もリーフに釣りに出掛けたところ、リーフの上でまだ全然釣れてないのに激しい雷雨に遭い、
命からがら帰ってきたんだよ!ガハハハ!と大笑いで語る愉快な親父達。そしてこの日はぽつぽつ釣れてたのが、
ようやく連続で釣れ出し、いよいよ時合突入か?って時に積乱雲がモクモクと集まりだしゴロゴロ鳴り出す始末。
昨日の再現だー!ガハハハ!と近くの洞穴に小1時間ほど避難し難を逃れたのでしたが、
時合は過ぎ去ったか小さいミーバイなどをちょろちょろっと追加し納竿となりました。

まろさん、奥島さん、また遊びましょー!!!ありがとうございました☆


参戦者:大島様 ターゲット:マングローブジャック/ホシマダラハゼ/オオクチユゴイ

青空快晴、長かったカーチバイもようやく終わり、これで本格的な夏を迎えたこの日。マングローブで上記の魚を釣りたいと
参戦してくれたのは怪魚ハンター大島様。なんでも世界各地のいろんな怪魚を釣ってきたという面白い方で、
興味津々の私はガイドそっちのけで大興奮でした!怪魚釣り、めちゃくちゃ憧れます!!!

そして今回ハンター大島氏の大本命はホシマダラハゼ!さすがマニアックです。
するとなんとファーストヒットに大本命が!驚きました。大島様もハゼを食べてしまいそうなくらい大興奮でした!笑

その後、魚のバイトは乏しく全体的に超激シブの一日だったのですが、いやぁ、こういう人って狙った獲物は必ず仕留めますね。
凄い魚運です。総バイト数は数える程度だったのにターゲットは全部キャッチしてくれました!!!小ぶりなのが残念でしたがお見事です☆

一種くらい宿題にしといて、また足を運んで欲しかったな。。。笑  また新ターゲットが現れたらおいでください! 

2013 7/8 カヤックフィッシング

連日吹き続けるカーチバイも少し落ち着いてきたか、海のカヤックフィッシングへ出撃してきました。
参戦してくれたのはご常連の谷口様御一行3名様。いつもありがとうございます!

いつも釣れた魚は夜の宴会用に持ち帰る谷口様。この日も宴会を盛大にするために3人で釣りまくってもらう予定でしたが…。

水温上昇の為か、テクニカルな釣りをしないとなかなか釣れないライトゲーム。地形を見ながら、シンキングミノーなど沈ます系で
トゥイッチ&フォールを繰り返しフォールで食わす。根掛かりも増えますが、このパターンが間違いない気がします。

今回もこのパターン探ってもらいましたが、釣れるのはイシミーバイ、イシミーバイ、またまたイシミーバイ。。。
イシミーバイしか釣れない展開に。結局半日でイシミー10本越え、ベラ系2本、以上!…。。。

実は前回はアメリカ祭りだった谷口様。今回はイシミーバイ祭りとなったのでした。笑

2013 7/7 カヤックフィッシング


その後もコンスタントに釣果を重ねる飯塚さん。シングル艇で先へ先へと進んでいったと思えばニコニコしながら戻って来て、
魚を持ってやってくる。しかも良型が続き35pUPを追加。そして数分後、大型ジャックを引っ提げてきました!!!

ひさびさに見た大型サイズのマングローブジャックは約48p!!!飯塚さんもおそらく新記録との事。おめでとうございます!!!
ファイトシーンを見る事が出来なかったのが残念でしたが、トップに喰ってきて相当突っ込まれたようで最高のファイトだったのでしょう☆

それからは奥様にもジャックやテラピアが遊んでくれて夕涼みカヤックフィッシングは大成功となりました。
飯塚様ご夫妻、いつもご利用ありがとうございます!!!次回こそは海ですね。また来年、お会いできるのを楽しみにしております。



スッキリと爽やかな青い夏空のもと、海のカヤックフィッシングに参戦してくれたのは爽やかな好青年、河邉様。
少し風が強かったので、アンカーを打ちながら海のライトゲームを半日楽しんでいただきました。

反応はなかなか渋く、小さめのミノーにだけ、小さめの魚達だけがちょこちょこ遊んでくれる具合でしたが、
初めて釣る南国の魚達に喜んでくれた河邉様でした。ぜひまた爽やかな笑顔を見せにいらしてください!



マングローブ午後の部は午前とはポイントを変えて出撃しました。参戦してくれたのは、大の釣り好きの彼氏田中様と、
この日の為に地元の川原でキャスティングを練習させられてきた(笑)という彼女さん。

田中さんはシングル艇で、彼女さんは私とタンデム艇でいざ出艇。午前が撃沈だったのでヒヤヒヤもんのスタートでしたが、
開始早々いきなり田中さんにテラピアがヒット!とりあえず一安心のスタートを切りましたが、その後が続かない。
彼女さんも練習してきたとはいえ、マングローブの難しいキャスティングに最初はお手上げ状態でしたが、
負けず嫌いの性格だという彼女。彼氏には負けたくないという一心でキャスティングも短い時間で急成長を見せ、
トップでバイトを誘い出すまでに。何度かバイトがあるけれどなかなかフッキングまでは成功しない彼女さんでしたが、
待望のファーストキャッチは彼氏と同じくテラピア。仲の良いお二人です♪

その後オオクチユゴイやホシマダラハゼを数本追加し、数ではさすがに彼氏の田中さんに軍配が上がり、大きさでは彼女さんでした。
なぜかマングローブジャックが一本も出ないという不思議な一日でしたが、とにかく午後は釣れて良かった…。笑

2013 6/28 カヤックフィッシング

この日は午前、午後とマングローブダブルヘッダー。
まず午前は小林様と中島様。2日前にデプス大洋丸で二人パヤオに
行って、マグロと荒れた海に戦いを挑み、男になって帰ってきたお二人。

最終日の今日はマングローブでジャック達に癒されて帰りたいと
大洋丸KOBA船長のご紹介で参戦してくれました!が・・・

ジャックと静かな川は、二人の戦いを拒むかのようにひっそりとして
生命感がまったくない静寂だけの時間がただただ過ぎるだけ。。。

トップ縛りで叩き続け、バイト一発ずつでノーキャッチ…。
まったく癒されない最終日となってしまいました。申し訳ございません。

KOBA船長に怒られますな。。。笑

2013 6/28 カヤックフィッシング

できれば海でのKF希望でしたが、あいにく南風が強く海は断念。
マングローブでご了承いただきましたが厳しい釣りとなってしまい
ました。参戦してくれたのはルアー初挑戦の津野様ご夫妻。

スタート直後、幸先よく旦那様にホシミゾイサキがヒット!
小ぶりでしたが、ルアーでも釣れるんだと感激した様子の旦那様。
これを見た奥様は火が点いたか、私も絶対釣りたい!と難しい
キャスティングに苦労しながらもタイトに狙っていく。しかし反応が
まったくないまま時間だけが過ぎ去り、半日コースだったので
あっという間に終盤ラストポイント河口エリアへ。

なんでもいいから一匹だけ釣りたい!と奥様の強い願いがここで
ミラクルを呼ぶことに!ダメ元でトップ切り替えてもらった数投目。
奥様のルアーに待望の初ヒットが!しかもトップに派手に出てきた
のは良型!なんだなんだ!?といきなりのファイトを楽しむ余裕は
なく、ただゴリ巻きしている奥様の目の前をジャンプして姿を見せた
のはなんと50p近いターポン!と正体がわかった瞬間にフックを
外し逃げられてしまいました…。ターポンなど知らない奥様には
なにが起こったのか分からず、ただただ強い引きに驚き、
逃げられた悔しさにリベンジを誓っていました。笑

2013 6/27 カヤックフィッシング

社員旅行でお越しの宍戸様。二泊三日の限られた滞在期間で
せっかく石垣まで来たからにはここでしかできない釣りを経験
したいと半日マングローブのKFで参戦してくださいました。

かなり久しぶりの釣りだったそうでキャスティングも一から。
もちろん最初は手古摺っていましたが何度も投げていくうちに
慣れていくもの。数回に一回決まる際々のキャストに反応する
魚も現れるがバラシ、ミスバイトが続く。中には最近では見た
事のないモンスタークラスもヒットさせ奇跡の男になるかと
思われた宍戸様ですが、まったく敵わず痛恨のフックアウト…。
しかし今思えばあれは鯉だったかもしれません。。。

そしてノーフィッシュのまま終了時間となり、竿を畳もうとする
宍戸様でしたが、最後にあそこへとキャストをお願いすると、
際々ドンピシャに最後の一投を決め、ポッパーをアクションさせると
なんと写真のオオクチユゴイが出てくれました!!!

最高の笑顔で終える事ができた宍戸様。本当に良かった。
次回はマングローブジャックですね!ありがとうございました。

2013 6/26 カヤックフィッシング

毎年、日本〜世界まで釣った魚を自分たちで料理して食べるというスタイルでいろいろ旅をしているという古川様ご夫妻。
石垣島は今回二度目でカヤックフィッシング初参戦、ご利用ありがとうございます!マングローブの釣りも今回初挑戦で、
慣れないタイトなキャスティングゲームに苦労しながらも、なんとか頑張ってくれました。

まず旦那様はシングル艇で慣れないカヤック操作とキャスティングに四苦八苦…。それに加え、魚も低活性。
バイト2〜3回のみでノーキャッチとなってしまいました。夜の食材に貢献したのは私とタンデム艇で同船した奥様。
最初は厳しかったキャストに慣れてきた頃、トップに派手に出てきたのは意外と美味しいマングローブジャック!

奥様はその後ユゴイも追加して満面の笑み!半日釣果で2本のみと淋しい結果となりましたが、
次回に繋がる良い釣りだったのではないでしょうか。古川様ご夫妻、また石垣島に足を運んでくださいね!

2013 6/25 カヤックフィッシング

19日、20日と石垣島に大雨をもたらした台風4号の影響で
川も濁り、厳しい釣りになると覚悟を決めて参戦してくれた野呂様。

出艇時は青空も出て、気持ち良いマングローブフィッシングを堪能。
普段はブラックバスをへドンなどのオールドルアー、しかもトップ縛りで
狙っているという大人な男の遊びを楽しんでいる野呂様は
マングローブも濁りの厳しい中でもトップで出したいと男の釣り。

さすがバサー、ビシバシ決まるキャスティングに十分可能性はあると
思いましたが無情にも無反応が続き、折り返し地点へ。

少しずつ潮も上がり始め塩分濃度も上がって魚の反応も変わって
くるかと薄い期待を抱いてましたが、ここで追い打ちをかけるスコール。

このスコールが激しいまま全然止まず…。止んだところでもうダメだろうと
見切りをつけノーフィッシュで納竿となってしまいました。

野呂様、リベンジの機会があることを願っております!ありがとうございました。
2013 6/21 カヤックフィッシング

梅雨も明け、ついに真夏の本格的な暑さがやってきた石垣島。海水温も上がり、魚が低活性モードに入っている悪条件の中、
参戦してくれたのは釣りはまったくの初心者という清水様ご夫妻。初のルアーフィッシング挑戦のお二人にぜひともルアー釣りの
楽しさを感じてもらいたかったのですが、まず奥様には終始当たりすらナシ…。旦那様には、可愛いミーバイをキャッチした
以外は数回の当たりに、バラシが3回ほど。以上。。。半日とはいえ寂し過ぎる結果となってしまいました。

清水様、おそらく釣りは懲りてしまったと思いますが、次回はアウトドアアクティビティで遊びましょう!ありがとうございました☆

2013 6/16 カヤックフィッシング

ここで私が使用している実績のあるフライ、ガーグラーにチェンジしてもらい表層をゆっくり引っ張ると派手にバイトしてくる!
数投目に食った!と思ったらジャンプで外れるフライ。これがターポンの醍醐味。そしてついに念願のフッキング成功の時が
やってきました。何度もジャンプするファイトを制し、見事ターポンをキャッチしてくれました!!!おめでとうございます☆

まだまだ釣れそうな雰囲気でしたが、このターポン達が長生きしてスレずにいてもらい、今後も多くのフィッシャーマン達を
楽しませてあげてください、と一本で満足し自制してくれた佐藤様の素敵なフィッシングスピリッツに感動しました。

そんな素敵なフィッシャーマン佐藤様には明日からのGT釣行で女神が微笑む事でしょう。
この度はご利用誠にありがとうございました!またお会いできる日を楽しみにしてます。

フライフィッシャーでもある佐藤様ですが、いままで石垣島ではフライでいい思いをしたことがないとの事だったので
ぜひともフライでいい魚を釣っていただこうと、ご案内したのはフライの好ターゲット「ターポン」が生息するポイント。

向かったポイントではターポンのローリングが始まっていてベストタイミング。
佐藤さん自作のポッパーフライで探ってもらうとパン!パン!と弾くように当たってくるターポン特有のバイト。
ターポンのフッキングは非常に難しい。ほぼ向こう合わせとなるので運も味方に付けないと釣れない魚である。

そして根気良く振り続けていると待望のヒット!しかしジャンプファイトがない!?これはターポンではなくメッキ。
メッキでも、石垣島でのフライ初キャッチに感激の佐藤様。しかし目の前にターポンがいるのでまだまだ帰しません!笑

ちょっと暑過ぎましたが快晴青空に穏やかな海況と最高のKF日和に初参戦してくれたのは、毎年GT狙いでお越しの
アングラーズハイご常連のアングラー佐藤様。翌日から3日連続GT釣行というハードな本番戦を前に、
以前から興味があったというカヤックフィッシングに初挑戦。そして夕方からはフライフィッシングもご案内させていただきました。

カヤックでのターゲットはインリーフのライトゲームとMTクラスのガーラ。
海へ出ると、初めてとは思えないスムーズなパドリング操作の佐藤さんだったので、少し遠出してまずはガーラ狙い。
穏やかな水面にあちこちに飛び回るアジサシ。カツオかガーラが廻っているのか、いつ水面が爆発するかと期待大でしたが
響き渡るのはルアーのスプラッシュ音のみ。一時間ほどで見切りをつけガーラはアングラーズハイ荒屋船長に託す事に。

インリーフの魚達もなかなか渋い状況でトップへの反応はナシ。沈ます系ルアーにチェンジするとようやく反応が。
いつものアメリカ、イシミーバイは現れず数は伸びませんでしたが、高級魚イノーアカジン、タマンなどをキャッチ。

明日からの激しいGT釣行を前にのんびりと癒しのカヤックフィッシングを楽しんでくださいました。
そしてさらに癒されてもらおうと夕マズメのフライフィッシングへ。



昨年に続き今年も参戦してくれた平尾様。昨年は一日で40本を越える驚異の釣果を叩き出した平尾様。
今回は滞在時間が短く、午前早朝スタートで半日釣行となったのですが、今回も驚きの爆釣劇となったのです。

この日はもう一組、ご常連の見崎様ご夫妻と一緒になったのですが平尾さんだけ7時半出艇で一足先に釣り開始。
小一時間ほどで5〜6本釣り上げ幸先の良いスタート。それから出艇場所で待ち合わせをしていた見崎さんをお迎えするために
私だけ一度上陸し見崎さんを迎えて30〜40分ほど経ったか、平尾さんのもとへ戻るとなんと20本くらいキャッチしたとの事!!!

これを聞いた見崎様ご夫妻は驚きとヤル気に溢れ、キャストにも力が入るのでしたが…。

その後もコンスタントに釣果を重ねタイムアップ寸前でタマンをキャッチして11時過ぎに納竿となった平尾さん。
なぜこんなに釣れるのか!? 実は謎のルアー?を使っているのです。写真撮るの忘れましたが「バエン」という動物の皮でできた
見た目幼虫みたいなルアー。これはホントに釣れます!あ、公表しない方が良かったかな…。笑

平尾さん、弾丸爆釣ツアーありがとうございました!またチャンスがあればゆっくり行きましょう。

2013 6/9 カヤックフィッシング

釣りが大好きな長嶋さんと、たまに付き合いでいくけど釣れた試しがないという彼女さん。
今回はぜひ彼女さんに釣らせて欲しいとの事で、私がタンデム艇で彼女さんをフォローさせていただきました。

まずは出艇して30mほどでいきなり目の前でボイル発生!思いがけない急なチャンスに慌ててルアーを放り込むと
長嶋さんが見事ヒット!正体は良型サイズのマトフエでした。開始3分でボーズ逃れに成功で一安心。笑

開始早々のボイル以降は生命感を感じられないフラットなベタ凪の海。投げても投げても反応がないことに
彼女さんはやっぱり今日も釣れないのかなぁ…と半分諦めモードに入ってましたが何度も投げ続けるうちに
キャスティングも上手になってくると待望の初ヒットがやってきました。迎えてくれたのは小ぶりのイシミーバイでした。

一度釣れるとルアーに対する信頼と自信が生まれるもの。そこからは彼氏の長嶋さんよりも良いサイズを何本か釣って
ようやく釣りの楽しさを感じる事ができたようです。きっとこれをきっかけに地元に帰ってからも釣れるはずです。

2013 6/7 カヤックフィッシング


3月にもお越しいただいた上ノ山様が今年二度目のKF参戦です。しかも今回は三日間!ご利用ありがとうございまーす!!!
そして幸運にも三日間とも超快晴の真夏日となり、燃えるカヤックフィッシングツアーとなりました。

風が穏やかだった初日と中日は海。 特に初日はどこまでも漕いで行けそうな、ほぼ無風状態の凪。
良型イノーアカジンから始まり、時折鳥山を追いかけスマガツオをキャッチするなど二桁越えの大満喫の一日となりました。

二日目の本命はガーラ!といっても小ぶりなヤツですがトップゲームで叩き続けるけれどバイトしてくるのはダツばかり。
一度70cmクラスのガーラが目の前まで追いかけてきたそうですがガーラはノーバイト。
沈ます系に切り替え、ミーバイやフエダイ系などなんだかんだこの日も二桁越えの釣果を叩き出したマルチなアングラー上ノ山様。

最終日三日目は青い空には恵まれるものの風が強まったのでマングローブへ。
前回は20pクラスのジャックしか出なかったので目標は40オーバーとオオクチユゴイ。
トップとミノー系をうまくローテーションし、コンスタントに釣果を重ね、後半戦に40には届きませんでしたがジャック36pをGET!
狙っていたユゴイも数本に珍魚ホシマダラハゼも拝むことができました。

終わってみれば三日連続二桁越えの偉業を達成した上ノ山さん。おめでとうございます!!!
天気にも魚にも恵まれた最高の三日間となりました。

そしてお帰りになった数日後、完全に八重山病にかかってしまった上ノ山さんから
9月のご予約メールが…。ありがとうございまーす!!!

カヤックでGTを狙いたいというアツいアングラー渡辺さんが参戦してくれました!渡辺さんは、中部地方を中心に
展開する釣り具店フィッシング遊焼津街道店の副店長様。お店でもフィッシングカヤックを扱っているそうで、
ぜひともカヤックGTをドーン!と釣って写真をドーン!と店内に飾りたいとはるばる石垣島まで足を運んでくださいました。

そして当日、心配していた天候条件はクリア。ただでさえカヤックでのGTはポイントを漕ぎまわるのもハードだし、
キャスティングからルアーアクションまでロッドワークもハード、そして肝心のファイトももちろんハード。笑
ハードづくしのカヤックGTを狙うには、まずは天候を味方に付けない事には挑めないのです。


程よく風も吹き、海上の雰囲気も良く、この上ないKF日和でしたが、叩けど叩けどもGTの反応はなく
時たまダツがバイトしてくる程度。カヤック上だとGTタックルでGT用ルアーを投げ続けるのは体力をどんどん奪う。
それでも渡辺さんは投げ続ける。ボートでのGTフィッシングは国内に留まらず、海外でも経験豊富な渡辺さん。
簡単に釣れない魚なのは承知の上なのだ。根から根へとパドリングしては投げる、パドリングして投げるを繰り返し、
時間は刻々と過ぎ、気付けばPM15時頃。最終ポイントでそれは突然やってきた…。

目の前で起きるボイル。すかさずそこにルアーを放り込むと何かがバイト!しかしミス。
もう一度キャスト。ジャークしたルアーの後ろから何か付いてきてる!?と目を凝らした瞬間、思い切り頭を出してルアーに
襲い掛かってきたのは紛れもなくGT!しかもデカイ!しかし、なんとこれも痛恨のミスバイト。。。

ダメかと思いきや、三度目のキャストでGTも獲物を逃すものかと狙いを定めたようにルアーを吸い込むようなバイト!!!
良し食ったーーーーっ!!!! 叫びながらフッキングを決める渡辺さん。ロッドが撓り、ドラグが鳴る前にカヤックが簡単に引っ張られる。
みるみるGTとカヤックの距離が縮まり、一度真横まで寄ってきて渡辺さんが目にしたのは目測15キロクラスのGT!!!

肝心なのはここから。まだまだ疲れていないヤル気満々のGTは走る。幸いカヤック前方の深場に走ってくれた。
カヤックごと引っ張られながら激しく走る突っ込みに耐え、コイツは捕れるぞ!と思った瞬間…ロッドがまっすぐに。。。。

渡辺さんも私も茫然…もうリーダーまで見えるくらいの距離だったのにまさかのフックアウト。。。

いま思い返してもあの光景は忘れられません。悔しすぎる敗戦となってしまいましたが、次に繋がる価値あるファイトでもありました。

渡辺さん、リベンジお待ちしております!必ずや雪辱を晴らしましょう!!!

2013 5/30 カヤックフィッシングGT

ヒットルアー 邪道アーダ
       ごっつあんミノー

奇跡的にスレ掛かりしたチビアオリイカ


毎度お馴染み美容室Amberの伊藤さんとゆかりちゃんが快晴に恵まれたお休みに参戦してくれました。
少し風が吹くこの日は風裏のシャローエリアでライトゲーム。午後は大潮ド干潮の為、午前半日勝負で出撃。

ひさびさ参戦のミラクルを呼ぶ女ゆかりちゃん。今回は残念ながら低活性のためかミラクル起きず。
しかしまだ釣りを始めてから数回の釣行なのに毎回安定した釣果を出してくれます。また次回期待してますよ!
マルチアングラーの伊藤さんは良型こそ出ませんでしたが、言うまでもなくきっちり結果を出し、家の食材確保に貢献していました。

ちょっと暑いですが、またチャンスがあれば6月もライト〜ガーラまで参戦お待ちしております!!!

2013 5/27 カヤックフィッシング

連日炎天下の真夏日が続く石垣島。参戦してくれたのは沖縄本島からお越しの坂本様と高橋様。
普段は餌釣りしかしないというお二人は、以前から興味があったというルアーフィッシングに初挑戦。
キャスティングからロッドワークまでとりあえずの基本をビーチでレクチャーしてからスタート。

ファーストヒットは坂本様のイシミーバイ。小ぶりのリリースサイズでしたがお持ち帰り。さすが沖縄人(笑)
その後も坂本様にヒットが集中するのに対し、高橋様は頭を傾げるほど何も反応がない時間が延々と続き
半日と短い時間とはいえ、結局ノーフィッシュで終わってしまいました。申し訳ございません…。

坂本様、高橋様、どうもありがとうございました!ぜひ沖縄でもルアーにチャレンジしてください!!!

2013 5/26 カヤックフィッシング

村椙様二日目の18日は、昨日と打って変わり超穏やかな快晴青空に北西からの微風が吹く爽やかなKF日和。
昨日何もできなかった分を取り返すため、ジギングとキャスティングのタックルを一本づつ積み込み、
午前中から今回の本命アカジン狙いに時間を費やすためにジギングへ。午後のキャスティングまでに釣れる事を目標にしていたのですが、
なんといきなりドラマが起こりました!水深15〜30mほどの複雑な根周りでの一投目。着底から2,3シャクリでガツンとヒット!!!
幸先いいですね〜!!!とそこそこ良い引きを楽しみながら上がってきたのは赤い魚!むむむっ!?なんとまさかのアカジンでした〜!!!爆笑

さすが世界中の狙ったターゲットを必ず仕留めてきた村椙さん!!!物凄い魚運の持ち主です。前回はマングローブジャック狙いで
最後の一投で40pオーバーをキャッチしたのも驚きでしたが、今回も村椙マジックを目の当りにしたのでした。

結局アカジンはこの一本だけでしたが、底物からシャローのキャスティングを夕方まで根こそぎ叩き続けた釣果は約40本!!!
たっぷり二日分の釣りを楽しんでくれた村椙様でした。いや〜あっぱれです。笑

次回のターゲットはタマン、そしてテナガエビ!? なんでもござれの村椙マジック楽しみにしています!ありがとうございました!!!


伊藤さん二日目はガーラ狙い本気のトップゲーム。早朝7時出艇。
昨日よりは程よく風もあり、ポイントポイントを流しながらカヤックランガンで叩きまくりました。
私も一緒に叩かせていただきましたが、私のルアーにはダツさえバイトせず終始無反応。。。

伊藤さんにはそこそこ反応はあるもののいずれもショートバイトとチェイスのみでなかなか乗らない。
早朝スタートも功を奏さず、気付けば10時を回り潮止まりから下げ始めの時間に狙いを定め、
この日の本命ポイントへカヤックを進め伊藤さんの数投目…激しい水柱が!

この日一番のバイトでしたが痛恨のミスバイト!ルアーを止めず、さらに引っ張りながらジャークを入れると二発目!
バッシャーン!!!とさらに激しく水面を割って襲ってくる本命GT!!!こりゃあ食っただろ!?と思いきや、なんとまたもミスバイト。。。

この日最大のチャンスでしたがファイトすらさせてもらえず軍配はGTに。。。
いやぁ、かなりのチャンスだっただけに悔しい結果となってしまいました。

このあともダツかガーラか微妙なショートバイトのみで納竿となってしまいました。

しかし伊藤さん、カヤックでのGTファイトが訪れる日は遠くないでしょう。

2013 5/14 カヤックフィッシング

念願のルアー初ヒットを飾ることができた小山さん、どうもありがとうございました!!!次回は美味しいヤツ狙っていきましょう!

伊藤さんはガーラ狙いで一投目のバイト以外はショートチェイスがいくつかと美味しくない系の小物数本で不完全燃焼。。。
今週は連休で翌日もお休みという事で、急遽翌日リベンジのご予約をいただきました。ありがとうございます!!!

2013 5/13 カヤックフィッシング

ヒットルアー 邪道 ごっつぁんミノー79/アーダ/グラバー

ヒットルアー 邪道 ごっつぁんミノー79
         邪道 アーダ   

ヒットルアー 邪道 グラバー

ヒットルアー 邪道 ごっつぁんミノー79、125
       邪道 アーダ

ヒットルアー 邪道 ごっつぁんミノー79

ヒットルアー 邪道 アーダ
         邪道 ごっつぁんミノー79

梅雨入り間近、穏やかな蒸し暑い一日にKF参戦してくれたのは島在住の光石様カップルと有田様ご夫妻。
二組とも別々のお申込みだったのに皆お知り合いという偶然に大盛り上がりで楽しんでくださいました。

女性2人と有田さんは完全に初心者だったので出艇前にキャスティング練習からスタート。
そしてドジな私はライフジャケットをお店に忘れるという重大ミスを犯し、取りに行ってる間ず〜っとキャスティング練習を
するしかなかった皆さんは、私が戻って来たときには見違えるほど上達しているのでした。笑

その甲斐あってかヒットを重ねたのは女性陣。おそらく男性陣はキャスティング練習をサボっていたのでしょうか。笑
はたまた産卵期とあってオスがメスを求めているからか!? 男性陣は手のひらサイズばかりで引き味は楽しめず。。。

次回はぜひとも男性陣にビシッと良いとこ見せていただきましょう!皆さんありがとうございました!!!

2013 5/12 カヤックフィッシング

見事オニヒラをキャッチしたあと、リーダーのチェックでマシューから竿を預かってチェックしてみるとリーダーはまったくの無傷でしたが、
ドラグがゆるゆる…??? どおりで走られたわけだが、調整して貸したはずなのになぁと思いながら調整し直してマシューに渡す。

ん?…思いかえせば、私が見本を見せていた時に私のリールのドラグが閉まっていたので開けたのを見て真似したのかも!!!
たぶんそうだ。。。笑    ある意味そのおかげで獲れたのかもしれません。


北風が治まり南寄りの緩い風に戻った3日。カヤックフィッシングに半日参戦してくれたのは吉村様3名グループ。

以前バス全盛期の頃にバスプロだったという写真左の吉村様にはミーバイ一本のみでショートバイト数発。
最近はフライに転向し、ひさびさのルアーだったようですがカヤックフィッシングの雰囲気を肌で感じ楽しんでくれたようでした。

そしてルアー初挑戦の女性穂積様にはアミメが一本、同じくルアー初挑戦の辰巳様にはノーバイトと申し訳ない結果に。。。

半日とは言え、かなり厳しすぎる淋しい釣りとなってしまいました。
また機会がありましたらリベンジさせてください。ありがとうございました!!!

2013 5/3 カヤックフィッシング

前日の5/1は前線通過で夏日だった島は一転、暴風大雨で気温も一気に下がり肌寒い5月スタートとなってしまいました。
明けて2日、少し風は残っているものの風裏でアンカーを打ちながらカヤックフィッシングを楽しむ事ができました。

参戦してくれたのはご常連のカヤックアングラー川口様。昨年に引き続き今年も娘さんのハナちゃんを連れての参戦。
昨年は悪天も影響しノーフィッシュに終わってしまったハナちゃんに一匹でも釣らせてあげたいと願う父、川口様。

その思いはすぐに通じ、スタートして間もなく叶いました。お父さんを差し置きファーストヒットはハナちゃん。しかもグングン突っ込む良型!
同船した私のアドバイスを瞬時に判断する冷静なファイトで見事手にした魚は50cm近いキツネフエフキダイでした。

最初の一匹目でだいたい流れが決まる。と、スタート前にハナちゃんに助言をしていたお父様の言葉通り、その後もコンスタントに
ヒットを重ね、終わってみれば二桁釣果!中にはバレてしまったけどガーラと思われるビッグヒットも誘うなど、
引き味たっぷり釣り三昧の1日を過ごしてもらう事ができました。慣れている川口様もシングル艇で自由に動き回って二桁越えの釣果。
しかしサイズはハナちゃんに軍配が上がりました。凄いぞハナちゃん!

川口様、ハナちゃん、いつもご利用ありがとうございます。また来年お会いできるのを楽しみにしています!!!



夏を思わせる青空の下、ルアー初挑戦の西村様ご夫妻がカヤックフィッシング半日コースに参戦してくださいました。

磯釣りを得意とするご主人と、まったく初めての奥様は初めてのキャスティングゲームに手古摺っていたご様子でしたが
酒の肴になにか食べれる美味しい魚が一匹でも釣れれば良し!と、その思いが見事に伝わったかファーストヒットは
沖縄高級魚イノーアカジン(スジアラ)。小ぶりでしたが二人で食べるには丁度いいサイズ。その後はアカナーの幼魚を
一本追加しましたがリリース。奥様には残念ながらヒットはありませんでしたが、だいぶ風が強まってしまい
少し早めの納竿となってしまいました。 魚は居酒屋錦にお願いしまして煮付けとなり、美酒に酔いしれてくれた事でしょう。


青空快晴+南風2〜3mと最高のカヤックフィッシング日和に大当たりしたのは女性ゲスト岩井様と三木様。
ここ数年どっぷり釣りにハマっているけど、いまだにハードルアーで釣れた試しがないという後部シートの岩井様と
釣り歴はほとんどないという三木様。お二人とも一匹でいいからルアーで魚を釣ってみたいという事で参戦してくれました。

潮止まりからのスタートで約30分ほどはまったくの無反応でしたが、潮が動き始めたころに岩井様に待望のヒット!
一本目はアミメフエダイがお出迎え。大いに盛り上がる二人に私もホッと一安心。そしてその次のキャストでまたまた岩井様に
ミーバイがヒット!これは続いて三木様にもすぐ来るだろうと思いきやなかなか一匹が遠い三木様。

半日の短い時間内で移動時間も勿体なかったので私の艇とロープで連結し、ゆっくり引っ張りながら広範囲に探ってもらうと
ついに三木様にも念願の一匹がヒットしてくれました!!!そしてそれからコツを掴んだか何度も竿をしならせ
終わってみれば二人合わせて10本越えの釣果で五目釣りも達成してしまいました。いや〜良かった良かった♪

岩井様、三木様、ご利用どうもありがとうございました!またお会いしましょう!!!


穏やかな小春日和にマングローブフィッシングで参戦してくれたアングラーは福岡の遠賀川でバスフィッシングガイドを
営んでいる細川様。バス以外にもジギングやエギングなどなどなんでもこなすマルチな細川様が初めての石垣島で選んだ
ターゲットはマングローブジャック。慣れないカヤックからのキャスティングでも数投で感覚をモノにしバシバシ根の際に決める
キャストはさすがの一言。しかし不安定な最近の天候のためか、いまだに活性が上がってこないマングローブの魚達。

トップではまったく反応がないのでミノー系に代えて探ってもらうと狙い通りのマングローブジャックが出てきてくれました。

そこから長い沈黙の時間が続いたりしましたが、結局半日と短い時間でジャックやメッキを計5本誘い出してくれました。
すべてサイズが小さいのが心残りでしたが、その辺はまたリベンジにお越しくださいってことで。笑
細川様、ご利用ありがとうございました!またお会いできる日がくるのを願っております。 

2013 4/16 カヤックフィッシング

昨年10月にも参戦してくれた谷口様が今年は島在住のご友人の望さんを引き連れていらしてくれました。
本来なら12日のご予約でしたがあいにくの悪天候に見舞われ、滞在中どこかコンディションの良い日にやりましょうとの事で
14日に変更となりましたが午後からは雨予報だったので午前中のみの短時間勝負となりました。

前回は初のルアーフィッシングでタマンを5本釣り上げるなどビギナーズラック以上の釣果を出した谷口様。
そして今回はルアー初挑戦の望さんと共にどんな釣果を出してくれるか期待していましたが、やはりビギナーズラック強し
といったところでしょうか、釣れるのは望さんばかりで谷口様には魚がヒットしない状況…。

ほとんど同じルアーを使っていただいたのですが不思議なものです。考えられるのは望さんの型破りのロッドワークでしょうか。
横にトゥイッチしてるかと思えば縦にシャクってみたりと自由奔放なロッドワークで不規則に動くルアーアクションが
この日の魚には合っていたのしょう。私も逆に勉強になりました。笑

予報通り正午過ぎには雨が激しくなり納竿となりましたが、イノーアカジンを始め美味しい魚達をゲット。
夜の宴会用にとお持ち帰り頂きました。谷口様、望さん、次回は7月?ぜひお待ちしております!

2013 4/14 カヤックフィッシング

前日に直接当店にお越しになり翌日のご予約をいただき、半日のマングローブKFに参戦してくれた小山様と井田様。

バスフィッシングを得意とする小山様はシングル艇、釣り初心者の井田様は私がタンデム艇でフォローしながらの釣行と
なりましたが、さすがにマングローブのキャスティングゲームはなかなか難しい上に、魚達もかなりシブシブの厳しい状況。

スタートから1時間ほどで、なんとか小山様が根元の際どい所から35cmほどの良型ジャックを引きずり出してから
終盤までほとんど反応がなく、井田様はノーフィッシュで終わってしまうかと思っていた最終ポイントで根の隙間にルアーを
見事にキャストすると・・・あれ?また根掛かりだ〜。と回収しに行き、私が手を突っ込み根の奥に入ったラインを引っ張ると
グン!グン!と魚の反応が!?しかもデカイ!!! 井田さん釣れてます!!!巻いてください!!!と魚の引きを味わってもらいたかった私は
根からカヤックを離しフォローに入ろうとした瞬間にバレてしまいました。。。ん〜残念無念…。

しかしその後すぐにかなり小ぶりの(笑)オキフエダイがヒット。なんとか一匹を取ることができて笑顔をくれた井田様でした。
結局一人1匹ずつと大変申し訳ない釣果となってしまいました。ぜひまたリベンジにお越しください!ありがとうございました!!!

2013 4/13 カヤックフィッシング

元々、半日でのお申込みでしたがこれは楽しすぎる!との事で一日に延長。ありがとうございまーす!

そこからトップで叩き続けるともあっ、もあっとショートバイトが続く。時折勢いよくバイトしてくるダツも一本キャッチ。
しかし鬱陶しいダツの猛攻撃にリーダーをやられトップがなくなっていきミノーで小物と遊んでもらったりと
一日のんびり楽しんでくださいました。終盤戦にもガーラらしきライズがすぐ目の前で何度も起こるなどチャンスは
ありましたが結局ガーラと二度目のファイトは叶わず納竿となりました。

鈴木様ご夫妻、またぜひぜひガーラ狙いにお越しください!そしてデカイカも忘れないで♪笑


二日目はちょっと間が空いて8日。前日、前々日の大雨+寒波から打って変わって穏やかな一日。
そしてだいぶ腰も回復してきたということでカヤックでインリーフのソルトフライを楽しんでもらうことに。

開始早々、馬瀬口さんのフライに待望のヒット!食ってきたのは小ぶりなフエフキダイ。それから私のフライにもミーバイがヒット。
すべてサイズは小さかったですがミーバイが多数、アミメフエダイ、フエフキダイなど先日のうっぷんを晴らすように
お互いコンスタントにヒットを重ねソルトフライを楽しむ事が出来ました。私も楽しみ過ぎて釣果写真が少なくて申し訳ないです…。
馬瀬口さんはバイトと同時にリーダーを瞬殺される大物にも遭遇。まだまだ開拓途上の石垣島ソルトフライ、今後も何が出るか
楽しみで仕方ありません。そして今回のヒットフライはやはりチャーリー、ストリーマーが中心でした。

馬瀬口様、二日間どうもありがとうございました。腰も回復して良かったです!また一緒に振れる日を楽しみにしています。


4月突入一発目のゲストは今年からモニター契約させていただいた邪道ルアーなどの製作を手掛けるアトール社の社長田中様ご一家。
毎度ご利用ありがとうございます。息子さんのユウキ君の春休みに合わせての御来島でしたが滞在中はあいにく連日の悪天模様。
とにかく雨が多いここ最近の石垣島。水潮状態なのか水温も下がり魚の活性もいまいち。。。
おかげでなかなか厳しい釣果となってしまい数はさすがに出ないもののタマン・アカジン・アオチビなど質の良い魚を上げてくれました。

なんといっても毎回ビッグヒットを呼び込むユウキ君は今回もガーラらしき良型をヒットさせて、あともう少しのところまでファイトしましたが
力及ばずフックアウト。しかしユウキ君の魚を呼ぶ不思議な力には毎回驚かされます。さすが田中さんの息子といったところでしょうか。笑

田中様、今回は天気に泣かされ不完全燃焼となってしまいましたが、次は思いっ切り暴れましょう!ありがとうございました!!!

2013 4/1、5 カヤックフィッシング

4日と8日の二日間に参戦してくれたのはフライフィッシャーマン馬瀬口様。ご利用ありがとうございます!

なんでも来島前にギックリ腰をやってしまったという不運な馬瀬口様。なので初日の4日は大事を取ってカヤックは使わず
ウェーディングでランガンすることに。幸い風が無風の午前中はフラットのソルトで狙ってもらいました。入ったポイントは
あちこちでライズも起こり魚っ気はムンムン!しかし叩いても叩いてもフライには反応なし…。ストリーマー、チャーリーなど
多彩なフライチェンジで探っていくけれど悲しいくらい反応なし…。終いには本物クラスのGTがバッコンバッコン水柱を上げる
ボイルの嵐。それから静まり帰ってしまった海に早々と見切りを付け、マングローブへ移動。

マングローブは連日の雨と寒波でコンディションはイマイチ。ウェーダーを履いていても冷たく感じる水温。
さすがに活性は低く、むしろ魚居ないんじゃないの!?状態で撃沈。。。という事で初日はボ○ズやってしまいました…。

2013 4/4、8 カヤックフライフィッシング

カヤックが全く流れないほど穏やかすぎるベタ凪の一日に参戦してくれたのは新婚旅行でお越しの鈴木様ご夫妻。

お迎えしてから車での道中では二人ともとにかくイカを釣りたい!と盛り上がっていたのでまずはイカ狙い。

しかし根掛かりの洗礼を受けまくり、徐々に心が折れていくおふたり。気分を入れ替えてもらうために移動がてらルアーにチェンジ
してもらいゆっくり流れながら叩いてもらうと奥様のロッドが大きく撓り一気にドラグ音が!デカい!デカい!なにこれ〜!?!?と
叫びながらのファイトで強烈な突っ込みを耐えていましたが無情にもフックアウト。。。あ〜あ・・・ん?でもなんか付いてる!?と
回収したルアーにはくたびれたエソが??? どうやら先に食ったエソにガーラが食いついたようでフッキングまではしてなかった様子。
しかしガーラの引きを味わってしまった奥様と、目の当りにした旦那様はイカの事などすっかり忘れ一変ガーラモードに!

2013 4/9 カヤックフィッシング
2013 4/20 カヤックフィッシング
2013 4/29 カヤックフィッシング

青空快晴27℃の夏日にガーラ狙いで参戦してくれたのは関西出身の粋な兄さん西村様。ガーラと言ってもシーバスロッドで
楽しめる3キロ前後のサイズを狙いたいとの事でシャローエリアを中心に叩いていただきました。

多少、風波があったので14cm前後のポッパーをメインで使っていくと序盤から幸先よくガーラのバイト!しかしミス。
こんな浅場におるんやね〜!と驚く西村様。それからコンスタントにガーラのバイトとダツの攻撃を誘うけれどいずれもショートバイト。
追い食いさせるようなアクションをしてもなかなか追ってこない。ただでさえチャンスが少ない難しい魚ゆえにバイトを重ねるごとに
今のが最後のチャンスだったかも、、、とフッキングできないもどかしさに悔しさが募る西村様。

それにしてもバイトの多い日絶好のガーラ日和。こんな日に当たるのは正直なかなかないもの。
正午過ぎまでで明らかにガーラだと思われるバイトは10を越えていたもののノーキャッチどころかノーファイト…。

一日の予定でしたが次第に風が強まり、白波が何度もカヤックに押し寄せる。午後までの続行は厳しい事を告げると、
それならボウズ回避の為にミノーでなにか釣ってから上がりたいとの事でシンキングを持ってなかった西村様に使ってもらったのは
アトール邪道の新作グラバー。 そしてドラマは起こりました!

小物も釣れずもう諦めかけていたゴール寸前の水深1.5mほどのドシャローでほぼダメ元で投げたグラバーに
ドスンと銀色の魚影がヒット!!!一気にドラグを鳴らして走る魚にガーラと確信。なんて男だ!と思いながらカヤックを操作し
フォローを入れ徐々に近づいてくるガーラにバレんなよバレんなよ!と叫びながらもばっちりランディング成功!

上がってきたのはロウニンではありませんでしたが立派な3キロ越えのオニヒラアジ。狙い通りです!
フックはグニャグニャに曲げられて危ないところでしたが良く耐えてくれました。
(写真は擦れ掛かりに見えますがランディング時に外れて位置が変わってしまっています。)

しかしなんというか・・・ガーラを呼ぶ男とでも言いましょうか、最後の最後にあそこで普通ガーラは出ませんよ。
西村様、なにか持ってます!いや〜ホントに良かった。ありがとうございました!!!!

2013 4/30
カヤックフィッシング
2013 5/2 カヤックフィッシング

GWが終わった途端に快晴に…。少し風が吹く爽やかな夏日となったこの日のゲストは全員フランス人!
あいさつ程度の日本語しかできないフランス人と、あいさつ程度のフランス語しかできないガイドの私。
宿の方から予約の電話をいただき、まあなんとかなるだろうと引き受けたのですがなんとかなりました。笑

ロッドワークからルアーアクションまで適当な英語とジェスチャーで教え、何度か見本を見せると、みんな素直に真似をする。
なんとかそれなりに形になっていくとミーバイ、アミメなどいつもの裏切らない魚達が釣れ始め、全員大盛り上がり!
今夜はバーベキューだぜー!!!!と叫んでいました。(たぶん)

そして一番ゴツいフランス人マシューがロッドを大きく撓らせながら遠くで叫んでいる!
根掛かりかと思い近寄っていくと、ヘイ!コースケ〜、ビッグフィッシュだ!止まらないよ〜!と叫んでいる。(たぶん)
確かにドラグを鳴らしラインがどんどん出ている!後部シートのジョンに、すぐアンカーを上げて漕いで追いかけるんだ!
とジェスチャーで伝える。ジョンはすぐ理解したらしく、アンカーを上げラインの方向へ漕ぎ始める。マシューはGO!GO!GO!と
イケイケの様子。私は後ろからガンバレガンバレ!と日本語で付いていく。

かなり出されていたラインもジョンの頑張りでだいぶ魚に近づいてきた。50m以上は出されていたようだ。
こりゃあ、かなりのサイズのガーラだろうと私はカヤックに立ち上がって魚影を見てみると思ったほどではないサイズ???
コイツがこんなにドラグ出したのか!?とちょっと不思議でしたが、それ以上に良く根づれで切れなかったもんだという思いが強かった。

そしてマシューの慎重で見事なファイトと、ジョンの見事なパドルさばきで徐々に間合いを詰め無事ランディング成功!
キャッチしたのは70近いオニヒラアジ!二人はとにかく大喜び!この魚はなんていうんだ?と聞かれ、アジだよ。と答えると
アジ〜!アジ〜!今夜はアジでバーベキューだぜー!!!!と何度も大声で連呼していました。(たぶん)

2013 5/7 カヤックフィッシング

海面ツルッツルの無風の13日に参戦してくれたのは、お馴染み島の美容室Amber伊藤さんが
Amberのお客様で、最近ルアーを始めたが釣れた試しがないという小山さんを釣らせてあげたいと連れてきてくださいました。

明け方まで洪水警報が出るほどの豪雨に見舞われ、濁り気味の海と完全無風のベタ凪でかなり厳しいコンディション。。。
無風の海はカヤックに乗るだけならスイスイ進むので最高に気持ち良いのですが釣りとなると釣れる気がしない。

しかし…伊藤さんの一投目、ガーラ狙いのトップにいきなりバイト!油断していたのもありましたがミスバイトだったか乗らず。
むむっ!!!このコンディションは今回逆にいいパターンなのか!?と期待していた数分後、小山さんのルアーにヒット!
小山さん、ルアーで人生初のヒットはなかなか強烈の引き!グングン突っ込むファイトにカヤックも引っ張られ、
こりゃあタマンかガーラだ!!!とガイドの私が盛り上がって騒いでいると徐々に姿が見えてきたのは長い魚影???

なんとダツのスレ掛かりでした。。。ちょっと拍子抜けでしたがルアーで初ヒットには違いないので小山さんおめでとうございます!
その後は静か〜な海と同様、静かに小物系が釣れはしたものの、迫り来る激しい雨雲に午前中で納竿となってしまいました。

白熱したナブラ打ちでしたがヒットせず…。

2013 5/17、18 カヤックフィッシング

昨年にもご利用頂きました日本全国〜世界中の怪魚を求め、釣り歩く村椙さんが今年も足を運んでくださいました。
まずは村椙さん恒例のスピニングマーリンで与那国島へ行ってきたそうですが、残念ながらカジキは掛からなかったものの
深海500mから18キロのセイイカを釣って来たとの事!イカバカの私はその話に大興奮させていただきました!笑

そして今回のカヤックフィッシングのターゲットはジギングでアカジン、キャスティングでインリーフのライトゲームを17日と18日の
二日間で楽しんでいただくご予定だったのですが、17日は朝から島中が冠水するほどの豪雨に見舞われカヤックでの釣りは断念。
一日中止にしようかと相談したところテナガエビでも釣れませんか?と意外な提案が。ぜひ日本最大級のテナガエビを釣ってみたいとのリクエストで急遽釣り具屋へ仕掛けを買いに走り石垣島北部のエビ釣りポイントへ車を走らせていると、どんどん激しさを増す雨。。。

案の定、エビポイントの沢は増水し濁流状態。どの沢も同じ状態で結局テナガエビ狙いも断念。。。
その後小降りになったのでユゴイでも狙ってみようかと少し叩きに入りましたが水が濁りすぎて釣れる雰囲気ゼロ。。。
こんな日は大人しくしておきますかと、お昼頃にはホテルへお送りし明日に備えることに。

まったく雨が降らない今年の梅雨。この日も突き抜ける最高の青空のもと、一日カヤックで釣りを楽しんできました。
参戦してくれたのは毎年ご利用頂いているご常連の泗水様。釣りは石垣島に来た時にしかやらないとの事で、
このカヤックフィッシングのスタイルを気に入ってくれているようです。

午後にかけて風が止んでいく予報でしたが、一向に止まない風。そんな中、少し離れた沖合で鳥山が立ち海面が爆発している。
正体はカツオ。そしてカツオを追いかけるガーラか。それを見たら行くしかないでしょう!向かい風を漕いで漕いで射程距離に
入ったらキャスト。何度か繰り返すけれどヒットしないカツオ。我々を嘲笑うかのようにカヤックの周りでボイルするカツオ。
中にはやはりGTクラスのガーラも混じっていました。白熱したカツオ追っかけゲームでしたが結局ヒットさせる事は出来ませんでした。

体力的にハードな釣りになってしまいましたが、良く頑張って漕いでくれました。
カツオに夢中になりすぎて釣果はボチボチで終わってしまいましたがアグレッシブで楽しいカヤックフィッシングでした。

泗水様、いつもご利用ありがとうございます!また来年お会いしましょう☆

2013 5/29 カヤックフィッシング
2013 5/31〜6/2 カヤックフィッシング

6月に入り本格的な夏に突入し、炎天下に燃えるカヤックフィッシングも白熱しております。
地元千葉でもカヤックフィッシングを楽しんでいるという小割さんが初参戦。サーファーでもある小割さんはスタンディングでのキャスト。
まずはライトゲームで楽しんでいただき、高級魚イノーアカジンなどをゲットし夜の肴に気分も上々!

そしてせっかく石垣島に来たのだからと、トップゲームでガーラ狙いに絞り込みひたすらトップを叩き続けるとダツの猛攻に。
初めて経験するダツのド派手なチェイスとファイトに大喜びの小割さん。めちゃくちゃ楽しそうでした!笑

一発ガーラのバイトも出してくれましたがフッキングまではならず…。いやぁ惜しかった。。。
しかし千葉では経験できない水柱爆発トップゲームに大興奮のアツいカヤックフィッシングとなりました。

小割さん、またチャンスがあればお越しください!どうもありがとうございました!!!

2013 6/6 カヤックフィッシング

4月にもお越しいただいてたのですが悪天候で中止となった為、今年初参戦の覆面アングラー見崎様ご夫妻。
青空快晴に恵まれ、程よく吹く風にコンディションはまずまずの様子。朝、先入りしていた平尾さんから爆釣していると聞き、
今回は覆面レスラーばりに思い切り暴れてもらえるだろうと期待してスタートしましたがなかなかの渋い反応…。

片や、釣れ続けている平尾さんを横目に???のお二人。平尾さんが使っているルアー「バエン」を説明するのに
幼虫みたいなヤツが当たりまくってるんですよ…。と言うと、幼虫ルアーに負けてられん!とプラグで応戦するお二人。
しかしプラグへの反応は小ぶりの可愛いミーバイちゃん達がぽつぽつと遊んでくれる程度。

午前いっぱいで先に上がる平尾さんから幼虫ルアーを見せてもらうと、こんなのであんなに釣れるのか!?と目を疑うお二人。
私も最初見た時はそうでした。しかし何故か釣れるのです。※写真が無くてスイマセン。気になる方は「バエン」で調べてみてください。

幼虫ルアーを見たショックと、あまりにプラグに反応しないショックからメンタルが崩壊してしまった見崎様ご夫妻。
こうなったらなんでもありだ!とスプーンを重り代わりにしてリーダー+フライという超邪道(笑)な仕掛けが大当たり!?
幼虫ルアーに負けない釣果を叩き出したのですが覆面レスラーが反則を犯して勝ちにこだわったといったところでしょうか。笑

たまにはこんな遊びの釣りも楽しいは楽しいですよね。本気の釣りはまたまた翌日のアングラーズハイ荒屋船長に託すことに…。
そして次回、見崎さんがバエンを用意してくるのか!? 見ものです!

2013 6/9 カヤックフィッシング
2013 6/12 カヤックフィッシング

社員旅行で初めて石垣島に来た釣り好きの尾本様御一行の皆様が参戦。

旅行前から入念にタックルなど事前準備をしてきてくれたみなさんですが、
当日はあいにくの強風。。。風裏のシャローエリアでアンカーを打ちながらの
地道なカヤックフィッシングとなってしまいました。

シャローの釣りはあまり得意ではなかったみなさんは根掛かりとの戦いと
あまりに反応しない魚達にストレス溜まりまくり!?の釣りとなってしまいました。

夜は釣れた魚を居酒屋錦に持ち込み、他の社員さん達も合流して
魚だらけの盛大な宴会となるはずでしたが、並んだ料理はほとんど
錦のメニューからとなったのは言うまでもありません。

いやぁ、とにかく厳しい風に泣かされた一日でした。
次回、懲りてない方がいらっしゃたらリベンジさせてください!

2013 6/29 カヤックフィッシング
2013 7/1 カヤックフィッシング
真夏の燃えるカヤックフィッシングにマングローブジャック狙いで参戦してくれた荻野様。ご利用ありがとうございます!

マングローブの醍醐味はなんといってもトップです、の私の声に終日トップで叩き倒してくれた男、荻野様。
普段はバスを相手にする荻野様はマングローブのキャスティングも余裕綽々。それでもなかなか簡単にはトップに出てくれない
ジャック達でしたが、本命のジャックは珍しく一本のみでサブメンバーのオオクチユゴイやホシマダラハゼが楽しませてくれました。

一番バイトが多かったのはマニアに人気の好敵手ホシマダラハゼ。ハゼのくせにトップに出て来てファイトもいっちょまえです。笑

荻野様、お疲れさまでした。次回、石垣移住!?の際にはデカジャック狙いましょう!
2013 7/3 カヤックフィッシング

RED HEAD開業前からのご常連、飯塚様ご夫妻がひさびさに参戦してくれました。昨年は台風で島に来れず二年ぶりの訪島。
第一希望は海でのカヤックフィッシング。滞在中の海況を見ながらチャンスを狙っていましたが、まったく吹き止まない
カーチバイ(南風)に今年も海は断念してマングローブへご案内となりました。

陽が高く暑すぎる日中を避け、涼しくなる夕方16時頃から夕マズメ狙いの短時間勝負コースで出撃。
マングローブの釣りは熟知している飯塚さんはシングル艇に乗っていただき、先に出艇。
そして奥様と私のタンデム艇の出艇準備をしていると、いきなり派手な捕食音が!? まさかと思いながらその方向を見ると、
そこには、なんと一投目でいきなりジャックがヒットし、ファイトしている飯塚さんの姿が!!! しかも30pUPの良型。
開始1分以内にヒットという、今後打ち破られないであろう記録的なキックオフゴールを決めてくれた飯塚さん。流石です!

2013 7/4 カヤックフィッシング

この日も空は青々と大快晴の真夏日でしたが風が強く海はアウト。その日のコンディション次第でどちらでもOKですと
マングローブのカヤックフィッシングに参戦してくれたのは小松様。ご利用ありがとうございます!

海のルアーを得意とする小松様。マングローブのキャスティングには自信がないですよ〜と1投目…場外へ大暴投!笑
しかしそれから力加減などを修正し、あっという間に慣れてしまいビシバシ根元に決めるキャスターへと変貌。

トップ縛りで終日叩き続け全体的にシブかったですが、36pを頭にマングローブジャックを数本キャッチしてくれました。
他の魚種が出なかったのは少し淋しかったですがトップの釣りを貫き満喫してくださいました。

2013 7/5 カヤックフィッシング
2013 7/9 カヤックフィッシング

台風7号が接近中の石垣島。明後日12日には直撃するのが信じられないほど抜群のコンディション。
まさに嵐の前の静けさの一日に参戦してくれたのは毎年お越しいただいているご常連の山東様。

毎回マングローブのご案内でしたが、今回は海でのカヤックフィッシングへ。石垣の海ではまだそんなに魚を釣ってないという山東様は
大きさよりもいろんな魚種を釣りたいとのリクエスト。 そして言葉通り、カンモンハタ、アミメフエダイ、バラハタ、アオノメハタなどなど
いろんな魚が顔を出してあっという間に五目達成、目指せ十目の山東様でしたが二桁釣果まで達成すると、いろいろ見たし
そろそろ大きい魚も釣りたいな〜と欲が出てくる山東様。(笑) そして一緒に竿を振らせてもらっていた私にヒットしたタマンの引きを見て、
残り時間をタマン狙いに絞り込むことに。でもまあそう簡単にはいかないもんですよね〜・・・で終わるのが関の山なのに、この日は違った。

残り10分を切り、そろそろ上がろうかという雰囲気になっていた時のラストヒットがまさかのビッグヒット!!!!
最初はゆったり重く寄ってきたのが、いきなりドラグを鳴らし全然止まらない魚に変身。この感じはタマンじゃなくてガーラです!

あいにくヒットしたのはド干潮の砂地にサンゴ根がちょこちょこ混じるドシャローエリア。
瞬殺されるかと思いきや、運良く根をかわしてるのか善戦状態に。少し引き寄せては走られ、寄せては倍走られを繰り返し、
カヤックも引っ張られながら、もう少しでシャローエリアを抜けてガチンコ勝負できると思ったところで怖れていたことが…。

「天を仰ぐ」とはまさにこの瞬間。姿を拝めないまま痛恨のラインブレイクで敗戦となってしまいました。

山東様はご都合により次回は早くても2年後とのこと。2年間もこの悔しさを胸にしたままでは次に進めないのでは!?
と、ご自身に問いかけ、8月の来島を真剣に悩んだままのお別れとなりました。次は来月か、2年後か…いつでもお待ちしております!

2013 7/10 カヤックフィッシング

台風7号が12〜13日にかけて直撃し、島全体にいろいろなものが散乱し、すっかり荒れ果ててしまった石垣島。
ひさびさの激しい台風で前日の対策から、過ぎた後の掃除や後片付けもなかなか大変でした。

明けて14日、台風一過のすっきりした青空のもと、先月にも一泊二日弾丸ツアーでお越しいただいた平尾様が
今月も弾丸ツアーで参戦してくれました。いつもご利用ありがとうございます!

台風が過ぎてもまだまだ風は強く、今回は海は諦め平尾様初のマングローブへご案内。しかし大雨の影響で濁りが強く、
厳しい釣りになる事は平尾様自身も百も承知で出撃したのですが、意外にも好釣果を叩き出してくれました。

これまで海でのカヤックフィッシングでは「バエン」という鹿の皮でできたルアー?で爆釣劇を繰り広げてくれた爆釣王平尾様。
今回のマングローブでもバエンは通用するのか楽しみでしたが、ひとまずバエンは封印しプラグで攻める平尾様。

すると開始早々、ミノーにマングローブジャックが幸先よくヒット!しかもいきなり40UP〜!!!
平尾様、初ジャックが42pのメモリアルフィッシュとなりました。おめでとうございます☆

その後も、35UPや、トップでもジャックを引きずり出すなど、濁りなんてなんのそのとプラグルアーが大当たりでした。
結局バエンを使ってもなにも反応ナシ。マングローブでこそ釣れそうなルアーだっただけに意外な結果となりました。

ミノーで一発、瞬殺されたビッグヒットもありましたがなんだったのでしょうか…。気になるところです。。。

2013 7/14 カヤックフィッシング

台風が過ぎてようやく風も落ち着き、海のカヤックフィッシング復活です。そして福岡のご常連保永さんが久々に復活参戦してくれました。
昨年腕を負傷してから、しばらく釣りから遠ざかってしまっていた保永さんですが、ようやく釣りもカヤックも出来そうだとの事で
約1年ぶりくらいにカヤックと釣りが出来る喜びに浸りながらのんびりとライトなリハビリフィッシングで楽しんでくれました。

いつもは鳥山が立っていれば率先してパドリングで追いかけ回し、カツオを狙ったりする特攻隊長の保永さん。
今回も鳥山が立ちましたが奮い立つ気持ちをグッと抑えて我慢我慢のインリーフのライトゲーム。

この日は私も隣で竿を振ったのですが、魚達も保永さんの復活祭を祝ってくれたようで、私のには目もくれず、保永さんだけが釣れる展開に。
さらには、リハビリ中の腕に負担を掛けては良くないと大型は空気を読んだのか反応せず。。。。

イシミーバイやアメリカなど本当にライトな魚達だけが保永さんを楽しませてくれたのでした。
次回は全快しているであろう保永さんに反応してくれる空気が読める大型が現れることを願うばかりです。

2013 7/15 カヤックフィッシング

青空大快晴猛暑日、燃える一日にカヤックフィッシングに参戦してくれたのは浅井様と高倉様。他にも一緒に来ている10人の
仲間とのバーベキューの為の食材確保も兼ねているそうで、なんとしても美味しい系の魚を釣って堂々と仲間の元へ帰りたいお二人。

そして幸先の良いスタートを切った前半戦。高倉様が食べごたえのあるミーバイやフエフキ系を連続ヒット!浅井さんはその間に
ベラ系やモンガラ系などあまり食べない系がヒット!(笑) 二人とも、こんなに釣れるもんなんですね!と嬉しい歓喜の声。
それからカツオの群れにも遭遇してはラインをブチ切られたりと盛り上がりを見せ、前半戦だけでそこそこ食材は確保。

カヤックの上で昼食を挟み後半戦は、あいにく風が強まってしまい、潮もド干潮。なかなか難しい釣りになってしまい
食材にはならないほどの小ぶりのイシミーバイなどを何本か追加したくらいでラスト数分の宣告をした時、高倉様に待望のビッグヒット!!!

いきなり訪れた大型の当たりに焦らず冷静にフッキングを決めた高倉様。ここまでは完璧だったのですが、一気にドラグが出され
耐えて間もなくすると、ぷつん・・・・・・と悲しい結末に。最後の最後にきたビッグチャンスをモノに出来ず凹む高倉様でした。

実は、二人とも大型をヒットさせるもモノに出来なかったのはラインシステムに少々問題アリだったとか。。。
次回システム強化を克服すれば、バーベキューはさらに盛り上がることでしょう!!!

2013 7/21 カヤックフィッシング

穏やかな一日に恵まれたカヤックフィッシング日和に参戦してくれたのは別々でお申込み頂いた大橋様と藤川君。
藤川君は釣りが大好きな中学2年生。家族旅行の中、ご両親に一日釣りの時間をもらい参戦してくれました。

海の釣りが得意な大橋様は序盤からヒットを重ね、それを横目に羨ましがる少年藤川君。ライトで数本キャッチした大橋様は
ミディアムタックルに持ち替え、ガーラの匂いがする怪しい根回りをトップで叩き始めると「食った!」という声と同時に
聞こえてきたのはドラグ音。カヤックを引っ張られながらファイト態勢に入る大橋様でしたが、魚の方が一枚上手だったか
根に回られてしまいプッツン…。天を仰ぐ大橋様と、GTとファイトしている人を目の当たりにして興奮する藤川少年でした。

2013 8/8 カヤックフィッシング
2013 8/20 カヤックフィッシング

去年から幾度となくご予約を頂きながらも悪天候に阻まれ、中止を余儀なくされていた島在住の田近様がついに参戦することが
できました。おめでとうございます!(笑) 今回はご友人の平野様も同行参戦。平野様はルアーはほぼ初心者だったので
私とタンデム艇に乗っていただきましたが、初心者とは思えぬロッドワークでスタートからヒットを重ねミーバイ祭り!

一方、田近様はなかなかヒットに持ち込めないものの相変わらずのんびりマイペースな感じで楽しんでいる様子。
お昼を挟んで後半戦にナミハタを一本キャッチしてからは頭の中は夜の宴の段取りの方向へ。。。笑

田近様は釣果はさておき、ようやく出れたカヤックフィッシングに癒され、
平野様は太陽を浴びて遊ぶのさえもひさしぶりというほど多忙な毎日を過ごしているとの事。
今回はお二人とも最高の青空の下、心と体をリフレッシュできたようでなによりでした。また浮きに行きましょう!  

2013 9/6 カヤックフィッシング
2013 9/7 カヤックフィッシング